thought

thought

『美文字』を書くと 心まで落ち着く、『乱雑な字』は心も乱れる

乱雑に書かれた自分の字を見たとき、なぜか心までごちゃごちゃして、イヤな気分になります。 それは、乱れている字の印象が、心にも作用してしまうからです。 一方、丁寧に書かれた字を見ると、心まで落ち着いて、気分も良くなります。 ...
thought

『考える』は自ら問いを立てること、『思考停止』は誰かの意見を鵜呑みにして流されること

学校では、誰かが立てた問いに対して、いかに正しい答えに辿り着くかということを徹底されてきました。 テストの問題を解いたり、授業であてられて正しい答えを言うなど、誰かに問いを投げかけられてから初めて考えるという流れに慣れてしまっていま...
thought

ひとり時間『me time』で、ストレス軽減&エネルギー回復

「me time」 とは? リラックスするために、静かな時間を一人でくつろいだり、干渉されることなく好きなことをして過ごす「自分だけの時間」です。 ポイントは、「ひとりで過ごす」です。 時間を、誰かのためではなく...
thought

大人になると物事を不思議に思う気持ちを忘れてしまう、『あたりまえのこと』に対しては考えなくなる

誰しも子供のときは、好奇心や探求心をもっている。 動く昆虫に興味をそそられて捕まえるのに夢中になったり、なぜかピカピカの泥だんごをつくることが楽しかったりする。 そして、宇宙の果てはどうなっているのだろうか、世...
thought

動物も植物も今『存在』できているのは、たまたま『環境に適応』できているからにすぎない

星や銀河も、138億年という果てしない時間の中で、お互いにバランスがとれるまで、ぶつかり合ったり、それぞれの重力の影響を受け合って、現在の位置関係を保っているにすぎない。 ですので、何かの作用でバランスが崩れたら、またバラン...
thought

作家の生み出す『言葉』は『未知の感覚』に出会える懸け橋

人が何かを感じるとき、その感覚は本人にしか分かりません。 本人すら気づいていないこともあります。 その、言葉には言い表せないような感覚に気づいて、あるいは発見して、それを見事に言葉によって描写してくれるのが作家です。 ...
thought

本は『知恵』の泉で、『想像』の広がる宇宙で、『思考』の詰まっている宝箱

そして、著者の「経験」を疑似体験できる時空間への入り口です。 約100年という期間限定で生きている私たちが、何千年もの膨大な時間をかけて先人たちが持ち寄った人類の叡智を、ほんの数時間で教えてもらえる夢の道具が、本なのです。 ...
thought

『時間』は記憶の宝庫が作るストーリー

過去は これまで貯めた記憶 未来は これから作る記憶   過去の記憶を引き出しているのは 今 未来の記憶を作っているのも 今   過去を思い出すということ それは 貯めた記憶の中から 好きな記憶を...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました