書評

書評

感想『江戸絵皿絵解き事典 絵手本でわかる皿絵の世界 河村通夫/著』

江戸時代というと、文化や生活様式がまるで違う歴史の教科書の中の世界という感覚をもっていました。 ですので、このお皿がその江戸時代から何百年もの時を経た現代まで今なお存在し続けていることに驚きました。 しかも、このお皿を...
書評

感想『あるかしら書店 ヨシタケ シンスケ/著』

現実にはありえないような、でもあったら楽しそうという「発想」が満載で、本との付き合い方に新しい視点を得られます。 そして、本という一つの観点から、ユーモラスなシチュエーションをこんなにも思いつけるのかと驚かされます。 ...
書評

心を純粋無垢にしてくれる絵本たち

絵本は即効性のある心のサプリメント。 ほんの数分で癒されて、心を温めることができます。 日々の喧騒に疲れてホッと安らぎたいときに絵本を開くと、忘れかけていた純粋無垢の気持ちがよみがえってきます。 このページでは、...
スポンサーリンク
書評

感想『はながさくころに 芭蕉みどり/作・絵』

絵本は子供だけでなく大人をも素敵な空想の世界にいざなってくれます。 その絵本の中にお気に入りの絵があると、読み返すたびに心ときめく瞬間も味わえます。 この絵本「はながさくころに」は、芭蕉みどりさんの 「ティモシーとサラの絵本」...
書評

新入社員がスタートダッシュするための本

会社の同期よりも一歩先へ行くための秘訣は、 エリートが実践している「基本」を知る ロジカルシンキング です。 新社会人になって、まずしなければならないことは、学生気分を払拭することです。 つまり、受け身か...
書評

投資マインドを学べる本

投資マインドに必要なのは 常に先を見る 自制心 欲と恐怖で行動しない 大局的視点、合理的視点、客観的視点 確率思考 将来のために、今何に多くの時間を使って、何に多くのお金を投入しているのかを意識することが大切です。 このページ...
書評

感想『みそ汁はおかずです 瀬尾幸子/著』

疲れていて料理を作る気力がないときや、食欲がない日は、この「味噌汁」と「ごはん」の2品だけでも味噌と野菜の栄養がしっかりとれるので重宝します。 さらに、本書の味噌汁では具がたっぷり入っているので、味噌汁がおかずの代わりとなり、おなかも...
書評

マンネリの日々を解消してくれる本

負のスパイラル 日々同じことを繰り返している気がして、変わり映えのしない毎日に将来の漠然とした不安を感じるようなとき。 その気持ちのまま夜眠りにつくと、寝ている間もネガティブなエネルギーを引き寄せてしまいます。 朝起きてもす...
書評

部下が自分で考えようとしないときに読む本

部下が言われたことしかしない、自分で調べずにすぐ質問する、自分で考えて動かない 。 なぜでしょうか? このページでは、「部下が自分で考えて動くようになる秘訣」を教えてくれる本をご紹介します。 『キリンビール高知支店の奇跡...
書評

感想『脳から見るミュージアム アートは人を耕す 中野信子,熊澤弘/著』

アート作品に自分が何を感じるのか、何を発見するのか、どういう意味付けをしたのかは、すべて自由です。 そのアート作品にはどんな情報が含まれているのか、誰のところを渡り歩いてどんな旅をして今目の前に“ある”のか、これから何とつ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました