1日2ℓ以下は水不足~こまめに水を飲む必要性~

スポンサーリンク

人間の体はほとんどが水分でできている

私たちの体の約60%は水分です。

その約3分の2は、人間の体の細胞に存在しています。

高齢になると体の水分を占める割合は約50%となります。

それは細胞内の水分が低下していくためです。

スポンサーリンク

体内での水の働き

水は私たちの体に入っては出ていくという常に代謝を繰り返しています。

食べ物や飲み物から私たちの体内に取り込まれた水は、呼吸、汗、尿や便として体外へ排出されます。

それにより、私たちの体内の水は川の流れのようによどむことなく新鮮な水が流れているという仕組みが保たれています。

体内に取り込んだ水分によって体中の各細胞に必要な栄養素が運ばれて、老廃物は回収され排泄されます。

暑いときは汗をかいて体内の熱を放散し体温の上昇を防ぐなど、水は体温を一定に保つ体温の調節の役割も担っています。

1日に必要な水の摂取量は?

人間は一日に2.5リットル(食べ物に含まれる水分も含む)の水が必要だといわれています。

人間は水と睡眠をしっかりとれば2~3週間は生きられるといわれていますが、水を一滴も飲まない状態が続くと4~5日で生命を維持することが難しくなるくらい水は重要です。

水を飲まない状態が続くと、体内の水分が足りなくなる脱水症状を引き起こします。

そうすると、血液の流れは悪くなり、汗や尿が出ないので老廃物が体に溜まっていきます。

体内の水分が足りないと、熱中症や心筋梗塞、脳梗塞などのリスクが高まる要因となります。

まず、体重の約2%の水分が失われるとのどが渇きます。

つまり、のどの渇きは脱水がもう始まっています。

のどが渇いたと感じる前に適度な水分補給が必要です。

特に、朝起きたときには、寝ている間に汗をかいており水分は不足しているので、目覚めの一杯は大切です。

そして約6%の水分が不足すると、頭痛、脱力感、よろめきなどが起こり、情緒が不安定になります。

約10%の水分が不足してしまうと、筋肉の痙攣などが引き起こされ、さらに水分が足りないと意識を失い、約20%の不足で命を落とすといわれています。

水の効果

肌が乾燥しているときには水分不足の可能性があります。

肌はいくら外から水分補給をしても中まで届かないので、肌の内側にしっかり水分を補うには、こまめに水を飲む方が肌のうるおいには効果的です。

水によって細胞の中の老廃物が排出されて必要な栄養素が補えるようになるので肌の新陳代謝も促進されるのでダイエット効果も期待できます。

カフェインは逆効果

コーヒーや緑茶など、カフェインが含まれている飲み物は利尿作用により水分が多く排出されてしまい、水分補給には逆効果となるので注意が必要です。

ジュースなどの清涼飲料水も、糖分が多く含まれており生活習慣病のリスクが高まるので、ミネラルウォーター白湯で日常の水分補給を心がけていくとよいです。

水の飲みすぎには注意

水分補給が大切とはいっても、水の過剰摂取は水中毒になる危険性があります。

水中毒(みずちゅうどく、water intoxication)とは、過剰の水分摂取によって生じる中毒症状であり、具体的には低ナトリウム血症や痙攣を生じ、重症では死亡に至る。人間の腎臓が持つ最大の利尿速度は、毎分16mLであるため、これを超える速度で水分を摂取すると、体内の水分過剰で細胞が膨化し、希釈性低ナトリウム血症を引き起こす水中毒に陥る。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

短時間にたくさん飲むよりも、一口ずつこまめに飲むようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました