亜麻仁油の栄養・効果と選び方

亜麻仁油と一口に言っても、お店にはいろんな種類の亜麻仁油が並んでいます。

亜麻仁油を選ぶ際に、何を判断材料にして選んでいますか?

スポンサーリンク

亜麻仁油の栄養

α-リノレン酸

体内では作ることができない必須脂肪酸として、DHA、EPA、α-リノレン酸、リノール酸、アラキドン酸があります。

オメガ3脂肪酸であるα-リノレン酸は、そのうちの一つです。

α-リノレン酸は、血圧を下げたり、アレルギーを抑制する抗炎症作用などの働きがあり、脳の働きを活性化するDHAやEPAの材料でもあります。

このα-リノレン酸は、他にもクルミ、えごま、しそにも含まれています。

食物繊維

亜麻仁油には、水溶性食物繊維不溶性食物繊維がバランスよく含まれています。

水溶性食物繊維は、水に溶けて便をやわらかくするのを助けてくれて、不溶性食物繊維は、水分を吸収して便のかさを増やすのを助けてくれるので、両方バランスよく摂る必要があります。

リグナン

ポリフェノールの一つで、高い抗酸化力があります。

スポンサーリンク

亜麻仁油を選ぶポイント

「低温圧搾法(コールドプレス法)」

成分が損なわれないように熱を加えないで圧力をかけて丁寧にゆっくりとオイルを搾り取ります。

オイルは、化学溶剤を使用したり、原材料を高温にして強い圧力をかけると、短い時間に大量生産ができるため、これらの方法がとられているものが多いです。

しかし、これらの方法では、α-リノレン酸などの栄養素が壊されてしまいます。

「遮光容器」

オイルが酸化してしまうと、おいしくないだけでなく、体内で活性酸素と結びついて過酸化脂質を作り出してしまう恐れがあります。

亜麻仁油は酸化しやすいので、透明の容器よりも、なるべく遮光性のある容器に入っているものを選びましょう。

「瓶タイプ」

プラスチックは、酸素を通してしまうので、なるべく瓶に入っているものを選びましょう。

「未精製」

未精製の亜麻仁油は、色が濃く苦み渋みがあります。

精製されたものは、これらの亜麻仁油の独特の特徴がないので食べやすいと感じるかもしれません。

しかし、精製された亜麻仁油よりも、未精製の亜麻仁油の方が、栄養たっぷりです。

どうしても苦みが気になる場合は、苦みが少なくなるコールドプレス法で搾油された亜麻仁油を選びましょう。

「一カ月以内に食べきれる量」

亜麻仁油は酸化しやすいので、遮光容器や瓶に入っているとはいえ、何カ月もかけて食べるよりは、開封後はなるべく早く食べきって、常に新鮮なオイルを取り入れる方が効果的です。

亜麻仁油は生で食べる

亜麻仁油は熱に弱いので、サラダにかけたり、和え物にしたり、ヨーグルトに混ぜたりして生のままで食べる方が栄養をそのまま取り入れることができます。

タイトルとURLをコピーしました