相性が悪い食べ合わせに注意~せっかくの栄養を逃す~

相性の良い食材を一緒に食べることで、食材本来の力以上の効果を得ることができます。

反対に、相性の悪い食材を組み合わせてしまうと、消化不良になりやすいなど、せっかくの栄養が台無しになってしまいます。

そうならないためにも、日々の食生活の中で、相性の悪い食べ合わせに気をつけていきましょう。

スポンサーリンク

相性の悪い食べ合わせとは?

きゅうり&トマト(アスコルビナーゼ&ビタミンC)

きゅうりに含まれているアスコルビナーゼは、トマトに含まれているビタミンC(アスコルビン酸)を酸化させてしまう作用があります。

アスコルビナーゼは、酸と熱に弱いので、加熱したり、お酢と組み合わせることで働きを抑えることができます。

ドレッシングにお酢を加えたり、マヨネーズをかけて食べることでビタミンCを守ることができます。

他にも、このアスコルビナーゼは、バナナ、かぼちゃ、春菊、カリフラワー、りんご、ニンジン、キャベツなどにも含まれています。

大豆&ひじき(フィチン酸&カルシウム)

大豆に含まれているフィチン酸は、ミネラルの吸収を妨げてしまう作用があるので、ひじきに含まれているカルシウムの吸収率を低下させてしまいます。

他にも、このフィチン酸は、豆類、ゴマ、玄米、米ぬかにも含まれています。

枝豆とチーズもこの組み合わせにあたります。

大根おろし&魚(リジンインヒビター&リジン)

大根に含まれているリジンインヒビターは、魚に含まれている必須アミノ酸の一つであるリジンの吸収を妨げる働きがあります。

このリジンインヒビターは、加熱で働きが弱まるそうです。

大根おろしとしらす、大根おろしと秋刀魚などの組み合わせのときは、カボスやすだちを添えたり、ポン酢で食べるのが良さそうです。

他にも、リジンは魚類、肉類、大豆などにも含まれています。

漬物&サンマ(硝酸&アミン類)

ハムやソーセージ、ベーコン、たらこ、明太子、練り製品などの、食肉製品や魚肉製品には、亜硝酸ナトリウムが食品添加物として含まれています。

これらの亜硝酸と魚などに含まれているアミンが体内で結びつくとニトロソアミンが生成され、体に害となります。

このニトロソアミンの生成を防ぐ効果があるのがビタミンCです。

亜硝酸は、ハムやソーセージだけでなく、漬物や浅漬にも含まれていますので、できるだけ日々の食事の中でビタミンCを摂取することを心がけていきましょう。

生卵&納豆(アビジン&ビオチン)

生卵の卵白に含まれているアビジンは、納豆に含まれているビオチンの吸収を妨げてしまいます。

このアビジンは、熱に弱いので、加熱して使うことで働きをおさえることができます。

卵と納豆の組み合わせで食べるときは、温泉卵半熟卵にしてから納豆にかけると、栄養も損なわずにおいしく食べられます。

緑茶&ほうれん草(タンニン&非ヘム鉄)

緑茶に含まれているタンニンが、ほうれん草をはじめとする野菜や豆類などの植物性食品の非ヘム鉄の吸収を妨げてしまうのです。

逆に、ビタミンCと一緒にとると、非ヘム鉄の吸収を高められます。

肉や魚など動物性食品に含まれているヘム鉄は、タンニンの影響を受けないといわれています。

他にも、タンニンは、コーヒー、紅茶、ウーロン茶に含まれており、非ヘム鉄はプルーン、小松菜、大豆製品などにも含まれています。

食事中は、麦茶やほうじ茶などのタンニンが少ないお茶を飲み、緑茶は食間に楽しむのが良さそうです。

ちなみに、 鉄分の吸収を妨げる食べ合わせとして、食物繊維や、ミネラルの吸収を妨げる作用があるフィチン酸もあげられます。

タイトルとURLをコピーしました