「緑黄色野菜」と「淡色野菜」の違いとは?

ずっと緑黄色野菜だと思っていた野菜が、淡色野菜だったということはありませんか?

そこで、緑黄色野菜と淡色野菜の違いを見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

緑黄色野菜と淡色野菜の違い

緑黄色野菜は、カロテンを多く含む野菜のことで、厚生労働省の基準では「原則として食べられる部分の100g当たりでカロテン含量が600μg以上の野菜」とされています。

ただ、カロテンが600μg未満であったとしても、さやいんげん、トマト、ピーマンなどのように食べる量や食べる回数によって緑黄色野菜に含まれる野菜もあります。

一方、淡色野菜、緑黄色野菜以外の野菜ということになります。

ここで注意したいのが、大根やカブのような葉っぱに600μg以上のカロテンが含まれているような場合は、部分的に緑黄色野菜ということになります。

つまり、緑黄色野菜と淡色野菜の区別はカロテン含有量の違いによるものなので、色によるものではないんです。

例えば、きゅうりやナスは色が濃いですが、淡色野菜に分類されます。

スポンサーリンク

βカロテンの必要性

βカロテンとは、植物や動物に存在するカロテノイドという色素の一つです。

βカロテンは体内で、必要な量だけビタミンAに変換されます。

ビタミンAは、視力の維持や皮膚や粘膜を丈夫にしてくれる大切な栄養素です。

他にも、βカロテンは免疫力の強化や抗酸化作用としても活躍します。

抗酸化物質は酸化されやすい物質ですので、活性酸素によって体が酸化されるよりも先に酸化してくれます。

それにより、抗酸化物質自身が酸化されることで、私たちの体を酸化から守ってくれるのです。

βカロテンは、油と一緒に食べることで吸収率が高まります。

「緑黄色野菜」のやさい

緑黄色野菜の特徴は、切ったときに中まで色がついています。

緑黄色野菜には、

アスパラガス、さやいんげん、さやえんどう、オクラ、かぶの葉、かぼちゃ、クレソン、ケール、小松菜、ししとう、しそ、春菊、せり、かいわれ大根、大根の葉、タラの芽、チンゲン菜、つるむらさき、とうがらし、トマト、にら、ニンジン、にんにくの芽、青ネギ、バジル、パセリ、青ピーマン、赤ピーマン、ブロッコリー、ほうれん草、みつば、芽キャベツ、モロヘイヤ、サラダ菜、リーフレタス、サニーレタス

などがあります。

「淡色野菜」のやさい

淡色野菜の特徴は、切ったときに中が白っぽくなっています。

淡色野菜は、βカロテンは少なくても、ビタミンCや食物繊維などが含まれています。

どちから一方を摂取すればいいというのではなく、緑黄色野菜も淡色野菜もバランスよく摂取することが大切です。

淡色野菜には、

ごぼう、セロリ、大根、さつまいも、玉ねぎ、らっきょう、キャベツ、かぶ、白菜、カリフラワー、レンコン、にんにく、きゅうり、しょうが、ズッキーニ、セロリ、たけのこ、とうもろこし、ナス、みょうが、もやし、レタス

などがあります。

タイトルとURLをコピーしました