心を純粋無垢にしてくれる絵本たち

絵本は即効性のある心のサプリメント。

ほんの数分で癒されて、心を温めることができます。

日々の喧騒に疲れてホッと安らぎたいときに絵本を開くと、忘れかけていた純粋無垢の気持ちがよみがえってきます。

このページでは、何度も開いて眺めたくなるような、そんな絵本を紹介します。

スポンサーリンク

『はながさくころに』

「ティモシーとサラの絵本」シリーズ で、子ねずみたちの表情や、花の絵がとてもかわいいです。

『はながさくころに』は、ティモシーが病気がちのお友達ミリーを喜ばせるために花壇をつくってあげるお話です。

ティモシーの小さな恋心に胸がキュンとします。

スポンサーリンク

『バクくんのゆめのたね』

この絵本はバクくんが、カンガルーの赤ちゃん、ライオンの赤ちゃん、インコの赤ちゃん、ゾウの赤ちゃんと、みんなのところを訪れて、どんどんいい夢にしていくお話です。

それぞれにとってのいい夢が繰り広げられていって、赤ちゃんたちはみんな幸せな夢の時間を過ごします。

その様子がパステルと色鉛筆の優しいタッチで描かれており、心をほっこりさせてくれます。

タイトルとURLをコピーしました