望む人生に焦点をあてる

スポンサーリンク
人生はつくってく

「お金」も「時間」も、 “ 限り ” がある。命の時間を払ってでもしたいことに使う

「お金」も「時間」も、どちらにも共通していることがあります。 それは、どちらも “ 限りがある ” ということ。 一番やってはいけないこと 限りがあるものに対して、一番やってはいけないのは、「無計画」に使うことです。 ...
人生はつくってく

夢は、明日を生きるための「生きがい」。生きがいは、毎日を楽しくする

夢といっても、「一輪の花を買ってきて玄関に飾りたいな」の小さな夢から、世紀の大発明のような大きい夢まで、人によってさまざま。 大人になると、日々の雑多なことに意識を取られるので、同じ毎日の繰り返しになりがち。 そんな毎日を、鮮...
人生はつくってく

「続けること」と「やめないこと」は、どんな夢でも叶える魔法

電話にしろ、飛行機にしろ、文明の利器と呼ばれる数々の発明は、たった一度の試作で完成されたのではありません。 トーマス・エジソンは、2万回の失敗を経て、電球を完成させました。 パブロ・ピカソは、生涯で、15万点にものぼる...
スポンサーリンク
人生はつくってく

「広い視野」で見なければ、いつまで経っても同じことの繰り返し

まずは、「あきらめる」が必要 もし、このままずっと、「あれしなきゃ。これしなきゃ。」や「本当はあれもしたいのに・・・これもしたいのに・・・」が、頭の中にある状態が続いていったとしたら、どうなるのか? “ これから先も、...
感情は解釈しだい

誰かの「期待」を感じた瞬間に「自分の気持ち」も確認。自分に嘘をついてまで「他者の人生」を生きない

「本当に自分がやりたいこと」だったにもかかわらず、「誰かの期待」を感じた瞬間に、自分の意識が「期待に応えるためにこうしなきゃ!」に向いてしまい、「本当に自分がやりたいこと」から離れていってしまうケースがあります。 その場合は...
感情は解釈しだい

本当は「何がしたい」のか? “したい!”という感情は、「行動」と「継続」の原動力

赤ちゃんを見てると、何度転んでも「立ち上がろう」とすることを “ やめない ” ことに気づきます。 おそらく、「自分にはできないかもしれない・・・」「転ぶのが怖い・・・」などは、微塵も思っていません。 ただ、「立ちたい...
感情は解釈しだい

見えないものも、見えてくる。自分の「使う言葉」で、意識の「矛先」が決まる

たとえば、「部屋の中に赤い色はありますか?」と質問されると、赤い色に意識が向いて、赤い色のものが勝手に見えてきます。 「こんなところに赤い色があったんだ!」と初めて気づくこともあります。 それは、視界には入っていても、“ 見え...
家事と暮らし

北欧に学ぶ幸せの秘訣「ヒュッゲ(Hygge)」。新しい言葉を知ることで、世界が広がる

最近知った言葉の中に「ヒュッゲ(Hygge)」があります。 ヒュッゲ(Hygge)とは、北欧デンマークの言葉で、 居心地がよくて、くつろげる空間ゆったりとした楽しい時間 のような意味があるそうです。 つまり...
人生はつくってく

誰かに「幸せにしてもらう」ではなく、自分で自分を「幸せにしていく」

“ 幸せを感じる「行動」「言葉」「思考パターン」” というものが、あります。 これらを自分で選択していくことによって、誰かに「幸せにしてもらう」のではなく、自分で「幸せになっていく」ことができます。 Step1 しあわせ習慣を...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました