食養生

スポンサーリンク
健康

何もしないと筋肉は減り続ける!サルコペニア予防には「筋肉貯金」。毎日「たんぱく質」と「運動」を意識する

「サルコペニア」という言葉を最近よく聞くようになりました。 加齢に伴って、筋肉量が減少し、体の機能が低下することだそうです。 年を取るにつれて、筋肉が衰えていくことは、もちろん誰もが知っています。 しかし、分かっていても...
健康

納豆嫌いを克服できました。塩の魔法で今では大好物に。

「納豆は体にいい」と、それまで何度も聞かされてきました。 だけど、どうしても好きになれませんでした。 どんなに、納豆味噌汁にしたり、納豆チャーハンにしたり、納豆オムレツにしてみても、やっぱり苦手。 何回挑戦しても、美味し...
健康

消化スピードが異なる食材を一緒に食べると、腸内で腐敗する

消化の早い食べものと、消化の遅い食べものを 一緒に食べると、腸内で発酵や腐敗が繰り返されてしまう。 『腸がすべて』の著者であるフランク・ラポルト=アダムスキー氏は、食べものが消化管を下りてくる消化スピードを研究していました。 ...
スポンサーリンク
健康

玄米のほのかな甘みを味わう毎日を楽しむ

最近、玄米の魅力に 取り憑かれています。 それまでは、玄米は完全栄養食で健康にいいとは分かっていても、モソモソする食感が苦手だったので、白米に「ぬか玄」をかけることで 栄養の補完をしていました。 しかし、無農薬で質の良い玄米を...
日常を味わう

「ひとり朝食」の楽しみ方

フルーツと音楽で一日を気持ち良くスタート 「1日1個のりんごで医者いらず」というイギリスのことわざがあるくらい、りんごは栄養が豊富で 健康効果の高いフルーツです。 善玉菌のエサでもある 食物繊維を豊富に含んでおり、腸内環境を改...
健康

満腹は内臓疲労の元!満腹中枢が働くまでの『20分間の食べ方』が大切

お腹いっぱいは、体が満足感を得ているのではなく、すでに胃は限界という食べ過ぎのシグナルです。 自分が消化できる量よりも多く食べ過ぎてしまうのは、おいしいものを食べることによって、脳でβ−エンドルフィンやドーパミンが分泌されて...
健康

『隠れ糖尿病』である『血糖値スパイク』には健康な人も要注意

「隠れ糖尿病」は健康診断でも見つかりにくい 糖尿病は、突然になるのではなく、何年もかけて徐々に血糖値が上がっていきます。 初期では、症状がないことも多いので、自分でも気づきにくかったり、健康診断では食前の血糖値...
健康

『よく噛まないこと』によるリスクと『よく噛むこと』の必要性

なぜ、それほどまでに「よく噛んで食べること」が重要なのでしょうか。 「よく噛まないこと」のリスクを知ることで、よく噛むことの必要性が見えてきます。 「唾液」が正常に分泌しない よく噛むことで唾液腺...
健康

玄米が苦手な人向けの新しい「玄米食スタイル」

玄米はボソボソして食べにくかったり、玄米を炊こうとすると浸水して発芽させる手間や専用の炊飯器で炊かないとおいしくなかったりで、敬遠されがちです。 そんな手間のかかる玄米食を、もっと気軽に簡単に始められるのが「ぬか玄」です。 玄...
健康

寝る前に食べることは、胃を徹夜で強制労働させること

パワハラ上司のように、胃に対して深夜の残業を押し付けてしまっている場合があります。 胃はとても従順で、与えられた仕事は一生懸命にこなそうとしてくれます。 しかし、胃をブラック企業で働かせていては、胃自身の本来の力を発揮できない...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました