自己肯定感

人生

「結果」がいつ実現するかは『運次第』、「行動」がいつ実現するかは『自分次第』

「結果」がいつ実現するかは、コントロールできません。 しかし、「行動」であれば、いつ実現するかを自分でコントロールすることができます。 「結果」は、「向かう先」でしかありません。 どこに向けての行動である...
人間関係

微笑みも身だしなみの一つ。「微笑む」習慣をつくるには?

鏡を見たとき、怒っているつもりはないのに、不機嫌そうに見えるとしたら、それは口角が下がっているのかもしれません。 口角は、加齢とともに、どんどん下がっていきます。 なぜなら、口角を上げる「筋肉」が衰えるからです。 ...
人間関係

知らず知らずのうちに「否定」「決めつけ発言」をして相手の反発心を生んでいるかもしれない。否定せずに、理解する。

人は、頭ごなしに否定されると、どうなるだろうか? 子供であれば、大人の決めつけ発言に失望し、口答えをしたり、反抗したりするようになるかもしれない。 母と娘の関係なら、一緒に住むと喧嘩になるから、距離をとって暮らす方がう...
スポンサーリンク

自分にどんな「言葉かけ」をしているかで幸せ度が決まる。自分に言葉をかけないのは、自分の存在に無関心でいるようなもの。

自分に言葉をかけてあげることは、自分の存在を大切にしているという 「自分へのメッセージ」です。 ところが、人は 得てして 自分を大切に扱うどころか、自己否定をするような言葉をなげかけたり、あるいは何も言葉をかけなかっ...

上を向くと 気分も上向く。大きな木を 下から見上げると神聖な気持ちになる

上を向いて、「ふーっ」と 一息つくと、スッと心が軽くなります。 ぼーっと 空を眺めるだけでも、気分は晴れやかになります。 あるいは、木を 下から見上げてみることでも、日常とは違う世界を味わえて、気分転換になります。 ...

自分を大切にする

いつもは 「外」に向けいている意識を 自分の「内側」に 向ける。 つまり、自分の 視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚の「感覚」に 意識を 向ける。 そして、その「五感」で得た情報が、これまで蓄積してきた頭の中の「記憶」と結びついて、...
健康

ヨガのゆっくりした『意識的な「呼吸」』は、自律神経を整える

部屋で ゆっくりヨガをすることで、心身ともに癒すことができます。 ヨガ教室だと、自分にはできないポーズがあったり、着替えて準備して行くまでが大変なので、通うのが億劫になりやすいです。 その点、おうちヨガは、誰にも気兼ね...

『感謝』するのは、自分がありがたい状況にいることに『気づく』ため

常に感謝ができていれば、今が素晴らしい状態にあると思えているので、現状に否定的になりません。 いつでも前を向いて、満ち足りた心を保てます。 感謝には、『受動的』な側面と、『能動的』な側面があります。 まず、受動的な感謝と...
健康

ひとり時間『me time』で、ストレス軽減&エネルギー回復

「me time」 とは? リラックスするために、静かな時間を一人でくつろいだり、干渉されることなく好きなことをして過ごす「自分だけの時間」です。 ポイントは、「ひとりで過ごす」です。 時間を、誰かのためではなく...

産まれてくれてありがとうを本当に言ってほしいのは、誰でもなく自分自身から

産まれてくれてありがとうを、言う側ではなく、言われる側で考えた時。   愛する人から言われるのは、もちろん嬉しい。   だけど、本当に認めてほしいと思っているは、他の誰でもなく自分自身。   自...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました