家事と暮らし

スポンサーリンク
家事と暮らし

納豆嫌いを克服。素材本来の旨みが楽しみで、今では大好物に。

「納豆は体にいい」と、それまで何度も聞かされてきました。 だけど、どうしても好きになれませんでした。 どんなに、納豆味噌汁にしたり、納豆チャーハンにしたり、納豆オムレツにしてみても、やっぱり苦手。 何回挑戦しても、美味し...
家事と暮らし

先延ばしにしそうになったら「ちょっとだけ手をつけてから」にする。時間の見積もり違いを防ぐ

やるべきことを「あとでやろう」「また今度でいいか」など、先延ばしにしそうになったら、「ちょっとだけ手をつけてから」にします。 そうすることで、思ったより時間がかかる作業だということが分かったり、やってみると意外とすぐ終わった...
家事と暮らし

苦手だった玄米が大好きに!無農薬の「良質な玄米」選びがカギ

最近、玄米の魅力に 取り憑かれています。 それまでは、玄米は完全栄養食で健康にいいとは分かっていても、匂いが気になったり、モソモソする食感が苦手だったので、白米に「ぬか玄」をかけることで 栄養の補完をしていました。 しかし、無...
スポンサーリンク
家事と暮らし

手書き文字&数字を上手に書くポイントはこれ!「中心線・間隔・余白・角度」を揃えてゆっくり丁寧に書くだけ

文字や数字を、美しく書くには、コツがある。手書きの文字が綺麗に見えるかどうかは『一文字一文字のバランス』と『文章全体のバランス』を整えること。ゆっくり丁寧に文字を書くことで、精神も安定する。美文字をスッと書けるようにするために大切なこととは?
家事と暮らし

作業興奮でやる気は後からついてくる。とりあえず動くからやる気が出る。手を動かすが先!

やらないといけないことがいくつかあって、今日はこれをしようと決めていても、期限がないものだったり締め切りが先のものだったりすると、 「面倒でやりたくない気持ち vs. やらないといけない気持ち」 の葛藤が始まります。 ...
家事と暮らし

『寒い脱衣所』のヒートショックに気をつける

冷え切った脱衣所で、寒さに震えながら服を脱ぐのは、つらいだけでなく非常に危険です。 なぜなら、 ① リビングなどの暖かい場所から ② 脱衣所や浴室の寒い場所に移り ③ 熱い湯船に浸かったあとに ④ ま...
家事と暮らし

一度で二度おいしい栄養たっぷり『リメイク味噌汁』

朝ごはんに作った味噌汁が余ったとき、昼ごはんに「別の材料」を追加することで手間なく簡単に飽きない一品ができます。 一度作った味噌汁を、もちろんそのまま温めなおして食べるのも美味しいですが、どうせならちょっとアレンジを加えることで味の...
家事と暮らし

玄米が苦手な人でもおいしく栄養を食べられる「ぬか玄」

玄米はボソボソして食べにくかったり、玄米を炊こうとすると浸水して発芽させる手間や専用の炊飯器で炊かないとおいしくなかったりで、敬遠されがちです。 そんな手間のかかる玄米食を、もっと気軽に簡単に始められるのが「ぬか玄」です。 玄...
家事と暮らし

料理をしたくない日は「味噌汁」と「ごはん」の2品だけでOK!『みそ汁はおかずです 瀬尾幸子/著』

疲れていて料理を作る気力がないときや、食欲がない日は、この「味噌汁」と「ごはん」の2品だけでも味噌と野菜の栄養がしっかりとれるので重宝します。 さらに、本書の味噌汁では具がたっぷり入っているので、味噌汁がおかずの代わりとなり、おなかも...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました