どんな境遇でも、愚痴や不満を言わず、微笑みを忘れず、慈悲の心をもって、ちゃんと前に進んでいく。

「ほしのぎんか」の物語に出てきた主人公は、まさにそんな女の子でした。 その女の子は、一見すると不幸の真っ只中にいます。 貧しくて、ひとりぼっちで、食べるものは一切れのパンだけ。 住んでいる家も、ボロボロで今にも崩れそうな...

祈りと感謝。今「ある」うちに、幸せをしっかりと噛みしめる

1日の始まりと終わりに、ある儀式のようなものを取り入れています。 それは「祈りと感謝」です。 かといって、特別なことをするわけではなく、ただ目を閉じます。 そして、家族や大切な人の 笑顔を思い浮かべながら...
人生

「10年後もしていたい」と思うことを「今」しているか。今日の楽しみ、明日の楽しみを増やしていく。

ふと、今していることを「10年後も同じようにしていたいか?」と考える時があります。 日々の生活に追われていると、目の前のやらなければならないことに意識が向きがちです。 今の仕事、今の生活習慣、まさに今している行動などに...
スポンサーリンク
人生

「結果」がいつ実現するかは『運次第』、「行動」がいつ実現するかは『自分次第』

「結果」がいつ実現するかは、コントロールできません。 しかし、「行動」であれば、いつ実現するかを自分でコントロールすることができます。 「結果」は、「向かう先」でしかありません。 どこに向けての行動である...

瞑想が難しいときは、とりあえず「深いゆっくりした呼吸」を行えたら「良し」とする

雑念を湧かせないようにするのは、本当に難しいです。 考えないようにすればするほど、どんどん湧いてきます。 よく瞑想の本には、呼吸に意識を向けると書かれています。 しかし、その日の気分や体調によっては、呼吸だけに意...
人間関係

微笑みも身だしなみの一つ。「微笑む」習慣をつくるには?

鏡を見たとき、怒っているつもりはないのに、不機嫌そうに見えるとしたら、それは口角が下がっているのかもしれません。 口角は、加齢とともに、どんどん下がっていきます。 なぜなら、口角を上げる「筋肉」が衰えるからです。 ...
人間関係

知らず知らずのうちに「否定」「決めつけ発言」をして相手の反発心を生んでいるかもしれない。否定せずに、理解する。

人は、頭ごなしに否定されると、どうなるだろうか? 子供であれば、大人の決めつけ発言に失望し、口答えをしたり、反抗したりするようになるかもしれない。 母と娘の関係なら、一緒に住むと喧嘩になるから、距離をとって暮らす方がう...
人生

一度きりしかない人生を後悔しないために。「人生の優先順位」を知る方法とは?

自分の「人生の優先順位」を知る方法があります。 そのために、想像してみます。 時は、今から数十年後です。 余生を堪能しながら、自宅のソファーに座ってくつろいでいる自分がいます。 あなたは自分の人生を振り返っ...
健康

血液の「半分」がお腹に溜まっている。横隔膜を動かして、全身に押し流す

「浅い呼吸」では、横隔膜があまり動かないので、お腹の周辺に血液が溜まっていくといわれています。 健康な人でも、約半分の血液がお腹に溜まっているそうです。 血液は、体中に 栄養と酸素を運んだり、老廃物や二酸化炭素を回収し...
人生

新しい習慣を作るということは、何かをやめるということ。まず「空き時間」を作ることが大切。

何かをやめなければ、時間は空きません。 新しい行動を起こすためには、まず今までやっていた何かをやめなければなりません。 やめるものを決めることから、新しい習慣は始まります。 なぜなら、人は習慣で動いているので、無...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました