人間関係

人間関係

微笑みも身だしなみの一つ。「微笑む」習慣をつくるには?

鏡を見たとき、怒っているつもりはないのに、不機嫌そうに見えるとしたら、それは口角が下がっているのかもしれません。 口角は、加齢とともに、どんどん下がっていきます。 なぜなら、口角を上げる「筋肉」が衰えるからです。 ...
人間関係

知らず知らずのうちに「否定」「決めつけ発言」をして相手の反発心を生んでいるかもしれない。否定せずに、理解する。

人は、頭ごなしに否定されると、どうなるだろうか? 子供であれば、大人の決めつけ発言に失望し、口答えをしたり、反抗したりするようになるかもしれない。 母と娘の関係なら、一緒に住むと喧嘩になるから、距離をとって暮らす方がう...
人間関係

『愛情の反対』は 憎しみではなく『無関心』

人は 「存在」を認めてほしくて、まずは「正の注目」を引こうとします。 テストで良い成績をとったり、スポーツで活躍したり、バイオリンを上手に弾いて、親から「すごいね」と認められたいのです。 ただ 関心を寄せてほしいのです。 ...
スポンサーリンク
人間関係

人は「どのように扱われたか」で、振る舞いは影響を受ける

人をごまかすような人間でも、相手に心から信頼され、正直で公正な人物として扱われると、なかなか不正なことはできないものなのだ。『人を動かす』デール・カーネギー 「あなたは 誠実な人だと、私は信じています」 「あなたは 約束を破る...
人間関係

人は自分を「褒めて」くれる人に「好感」を持ち、褒められることで自分から「成長」する

たとえ、ほんの小さな賞賛であったとしてもその効果は絶大です。 人は褒められると「自信」が湧きます。 自信が湧くと、もっと向上したいという「意欲」が出ます。 人には本能的に「成長したい」という欲求があるので、自信が...
人間関係

他人の評価を気にしない、他人の機嫌に振り回されないようにする

相手の機嫌に「気を使う」ということは、自分の「気を消費する」ということです。 もちろん、大切な人や友人、職場の人間関係において、もし元気がない人がいたら気にかけて、相手を思いやる気持ちは大事です。 しかし、不機嫌で怒りをあらわ...
人間関係

褒めるときは『理由』をつけて『具体的』に言うことで信頼感が増す

「お世辞」は褒め言葉ではない 「お世辞」は、心にもないことを言うことです。 本当はそう思っていないのに、相手の機嫌を取ろうとして無理やり言葉にしても、顔が引きつってしまったり、声のトーンなどで相手にもその感情は伝わります。 ...
人間関係

『機嫌がいい人』のところに、人は引き寄せられる

スナックや高級クラブに自然と足が向かうのは、ママやホステスさんがいつでも機嫌良くしてくれていて、自分を大切に扱ってくれるという側面もあるかと思います。 もし、機嫌の悪いママや、不機嫌なホステスさんしかいなかったらそもそもお金を払って...
人間関係

みんなと『違う』ことに劣等感を抱くのか『個性』と捉えるのか

子供の時は、大人や周囲の人々からの「指摘」により、初めて自分とみんなとの「違い」を「自覚」し、それがイヤだと思えば劣等感を感じてしまうし、それが嬉しいと思えば自慢になる。 成長してくると、属するコミュニティにいる人々と自分と...
人間関係

人は干渉されると離れたくなる、『適度な距離感』が大切

良かれと思って、パートナーや子供や他人にしていること。 例えば、その人のためを思って、いいものを勧めたり、尽くしたり、アドバイスをするようなとき。 たしかに、干渉されることによって愛情を実感できることもあります。 しかし...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました