ご機嫌でいられる工夫をする

スポンサーリンク
感情をコントロールしていく

「朝の感情」が大切!朝に「いい気分」のイメージをすると、最高の一日が始まるような「いい予感」がしてくる

感情を変えるには「イメージをする作業」が大切。イメージなしに「気持ちいい!」「最高な一日!」と言っても、無理やりポジティブにしている感覚になり「気分と言葉のギャップ」に冷めた気持ちになってしまう。いい感情へと自分をコントロールする朝習慣
感情をコントロールしていく

見えないものも、見えてくる。自分の「使う言葉」で、意識の「矛先」が決まる

たとえば、「部屋の中に赤い色はありますか?」と質問されると、赤い色に意識が向いて、赤い色のものが勝手に見えてきます。 「こんなところに赤い色があったんだ!」と初めて気づくこともあります。 それは、視界には入っていても、“ 見え...
人生はつくっていくもの

「明日が楽しみ」になる夜習慣。毎日の充実は自己コントロール感から。

イベントなしで、毎日「楽しみ」をつくるのは、結構大変です。 そんなにしょっちゅうは思いつかないし、同じことだと飽きてしまうからです。 「楽しみづくり」を習慣にするための、一番手っ取り早い方法は、一日の中に “ 必ず存在する時間...
感情をコントロールしていく

笑うが「先」で、幸せは「あと」からやってくる

なるべく、穏やかで優しい表情でいたいものです。 部屋が心をあらわすというように、表情も心をあらわしています。 心が乱れていたら自然と疲れた表情になりますし、嬉しいときはニコニコします。 ところが、表情が先で、心が...
ここちよい人間関係

上機嫌でいることで、うまくいく

上機嫌でいることは、まるで魔法のように、相手の気分も、自分の気分も変えてくれます。 上機嫌療法とは、まさにこの療法をおこなっていなければ あなたに呪いの言葉を吐かせたであろうあらゆる不運や、とりわけつまらぬ事がらに対して、上...
ここちよい人間関係

微笑みも身だしなみの一つ。鏡を見たら「微笑む習慣」をつくる

鏡を見たとき、怒っているつもりはないのに、不機嫌そうに見えるとしたら、それは口角が下がっているのかもしれません。 口角は、加齢とともに、どんどん下がっていきます。 なぜなら、口角を上げる「筋肉」が衰えるからです。 ...
ここちよい人間関係

『機嫌がいい人』のところに、人は引き寄せられる

スナックや高級クラブに自然と足が向かうのは、ママやホステスさんがいつでも機嫌良くしてくれていて、自分を大切に扱ってくれるという側面もあるかと思います。 もし、機嫌の悪いママや、不機嫌なホステスさんしかいなかったらそもそもお金を払って...
感情をコントロールしていく

『感情』は、身にまとう『服』のようなもの

「幸せの感情」の服は一番下に着ています。 「イヤな感情」の服をどんどん脱いでいくと、最後に「幸せの感情」の服が残ります。 そして、「イヤな感情」の服を重ね着していた時よりも、「幸せの感情」の服をサラっと一枚身に...
タイトルとURLをコピーしました