スポンサーリンク

流れに身をまかせると、見えてくる。流れに逆らわない。乗って、舵をとる。すべては導かれている

イヤなことが起きた時、頭の中を愚痴や不満のオンパレードにしないために、私はマイルールを決めています。

「私に何か伝えたいメッセージがあるのね?」と、 “ いったん受け入れる ” ことにしました。

いったん流れに身をまかせて、出来事を受け入れるのです。

そして、考える。

たとえば、こんなことがありました。

その日は、おやつをよもぎ大福にしようと決めていました。

朝から、午後のおやつが楽しみでなりませんでした。

午後になって、ウキウキしながら、よもぎ大福を買いに行くと、私の前に並んでいるお客さんが大量に注文している様子。

イヤな予感は、的中。

よもぎ大福、売り切れました・・・。

「うそ、あんなにたくさんあったのに!あのモチっと伸びる食感、よもぎの香りと餡子の絶妙な味わいを、朝からずっと楽しみにしてたのに・・・。」

しょんぼりしてても、仕方ありません。

そこで、「その流れに合う解釈」を考えます。

ポイントは、タイミングはベストだと考えることです。

タイミングが悪いのではなく、何か理由があってその流れになっているという前提にします。

そこで、先ほどの、この問いかけ。

私に何か伝えたいメッセージがあるのね?

  • たしかに、よもぎ大福にやたらと固執しすぎていた。他にも素敵なお店があるから、ちゃんと見てほしいということ?
  • ご褒美おやつとはいえ、糖質の摂りすぎだよというメッセージなの?
  • 今日、大福を我慢することで、次に食べるときに、喜びが2倍になるのをしっかり感じてみてっていうこと?

と、いろいろと、自分にとって「しっくりくる解釈」を考えながら、そのまま散歩。

そのときに、ふと思い出しました。

あ、そういえば、新しいケーキ屋さんが、近くにオープンしてたな。

いつか行こうと思ってたのに、すっかり忘れてた。

さっそく行ってみると、カフェ風の素敵な佇まいに胸が高鳴ります。

木でできた北欧風の扉を開けて、バターの甘い香りがふわりと鼻を通り抜けた瞬間、すっかりごきげんに戻りました。

いろいろ迷ったあげく、一番人気のスフレサンドを買って帰りました。

私にとって、おやつを食べることは、至福の喜び。

はやる気持ちを抑えつつ、スフレサンドの袋のシールをゆっくり開けました。

まんまるスフレが、目の前に。

とにかく、ふわふわなので、そーっと手に取って、ハムっと頬張ります。

しっとりしたスフレ生地が、シュワっと音を立てながら、口の中で溶けていきます。

あぁ、美味♪

中のカスタードクリームの甘さも、ちょうどいい。

感動を、ありがとう・・・。

人生の喜びが増えた瞬間です。

いつものよもぎ大福を買って帰ってたら、この喜びに出会うのは、まだまだ先になっていたかもしれない。

そう思うと、いつものよもぎ大福が売り切れたおかげで、新しい喜びに出会えました。

いったん、流れに身をまかせるということは、いったん「受け入れる」ということ。

つまり、「他の解釈」をするための “ きっかけ ”が、「受け入れ」です。

逆に、「受け入れない」ということは、抵抗するということなので、出てくるのは「愚痴と不満」です。

もし、よもぎ大福が目の前で売り切れたことにイライラしたり、あと10分早く家を出てればと、悔やんでいたら、その日はずっとモヤモヤしっぱなしです。

「この現実は望んでないのに!」と思っている間は、ネガティブな解釈を “ 選択している ” ということ。

そのネガティブな解釈から、意識を逸らすための第一歩が、「流れには逆らわずにいったん乗る」です。

とは言っても、そのまま望まない方へ流されてもいけません。

流れにのって、「舵をとる」のです。

すべてはうまくいっている

サラとソロモン ― 少女サラが賢いふくろうソロモンから学んだ幸せの秘訣 エスター&ジェリー・ヒックス著

「私に何か伝えたいメッセージがあるのね?」と、流れに合わせて新しい視点での解釈を考える。

「この流れは、私に何を気づかせようとしているんだろう?」と、その流れを受け入れて、ネガティブループの外へ出るイメージです。

物事は、すべてニュートラルで単なる現象にすぎず、いいも悪いもない。

だから、起きた出来事を否定したり、抗ったりするのではなく、

“ その流れに身をまかせて、解釈を「合わせて」いく

日々、大切にしている私のマイルールです。

タイトルとURLをコピーしました