スポンサーリンク

誰も見ていなくても、「自分」が見ている。“ 自分らしい行動 ” を選んでいく

つい、「誰か」基準になってしまいがちです。

誰かが来るから、片づけよう。

誰かが見てるから、しないでおこう。

誰かが見てるから、やっておこう。

これらは、他人からの「自分の評価」を気にした行動です。

この、「誰かからの評価」を基準にして行動する癖がついていると、誰にも見られないとしたら、散らかった部屋や、無造作にモノが詰め込まれた押し入れだったしても、「誰も見ないから、いいや」と思ってしまいがちです。

誰も見ていないと思っていても、見ている人はいます。

それが、「自分」です。

つまり、「自分が自分のことを評価している」という事実が見過ごされがちなのです。

なぜなら、それが無意識なので、気づきにくいからです。

自分が納得する行動をしているかどうかは、潜在意識はちゃんと見ています。

誰かが見ている見ていないにかかわらず、自分が納得できるかどうか。

それは、自分に対して、誠実でいるということです。

それが「自己肯定感」となります。

自分にとって誠実な行動は、自分が納得している行動だからです。

つまり、その行動は “ 自分らしい ” と、自分が無意識に、自分のことを評価しているのです。

本心では自分が納得していない行動が増えれば増えるほど、自分らしくない行動ばかりになるので、自己肯定感は下がります。

誰も見ていなくても、自分の潜在意識が見ています。

自分らしい行動かどうかを、確認しています。

もし、すべきことなのに、怠けて「しない」を選んだとして、それを「自分らしい」と思ったとしたらどうなるでしょうか。

自分に対して「そのような自己評価をしている」ということになります。

ただ、いつもいつも気を張ると疲れてしまうし、かといって、怠けてばかりでは、自己信頼もどんどん落ちてしまいます。

そこで、「怠けて『しない』のではなく、今は『しない』ことを自分で選んだんだ」と考えます。

“ しない ” ことに対しても「自分の決断だ」ということを、自分に納得してもらうように落とし込んでいくのです。

なぜなら、自分が納得しないことをするのは、自分をないがしろにしてしまっているということだからです。

相手に対して、誠実でいるように、自分に対しても、誠実でいることが、「自分を大切にしていく」ことではないかと思っています。

今、この瞬間の行動は、“ 自分らしい ” かどうか。

自分に誠実に、自分が納得できる “ 自分らしい行動 ” を選んでいけるように、日々気をつけていきたいと感じています。

タイトルとURLをコピーしました