スポンサーリンク

シンプルの中に答えがある。難しく考えすぎて、心が疲れた時は立ち返る

広々とした芝生と、その中に立っている木。

きれいな緑色。

わたし、それを今「美しい」と感じてる・・・。

“ あっ。この瞬間が、いいんだ。”

そして、ふと思いました。

「それでいいのかもしれない。」

人間は、つい難しく考えてしまう習性があります。

せっかくシンプルで簡単なことも、わざわざ複雑にしてしまい、訳が分からなくなっていきます。

  • 何か目標をもたなきゃ・・・
  • 生きる意味って何・・・
  • 後悔のないように・・・

たしかに、どれも大切。

私も、日々取り組んでいる課題です。

でも、それらの土台となる、もっともっと大切なこと。

それが、

“ 今この瞬間、〇〇を美しいと感じてる ”

生きているという実感は、ものすごく単純なことに答えがあるのかもしれない、そんな気がしました。

可愛らしい絵を見て、美しい音を聞いて、いい匂いを嗅いで、ふわふわを触って、おいしさを味わって、そして感じる。

「あっ、これいい!これ好き!」

この、感じた瞬間そのものが、生きているという実感。

  • 今、何色に、見とれてる?
  • 今、何の音に、うっとりしてる?
  • 今、何の味に、感動してる?
  • 今、何を触って、癒されてる?

そう考えると、生きている実感は、いたってシンプル。

「これなら、私にもできる!」と、心がフッと軽くなりました。

難しく考えすぎて、心が疲れたときは、基本に立ち返ります。

今見ている、空の「水色」が美しい。

そんな簡単なことで、いいのかもしれない。

単純なことを複雑にするのは普通のこと。複雑なものを単純に、ものすごく単純にする、それがクリエイティビティである

Charles Mingus(チャールズ・ミンガス) ジャズ・ベーシスト、作曲家

まさに、シンプル イズ ベスト。

タイトルとURLをコピーしました