スポンサーリンク

どうせ食べるなら、罪悪感より満足感。罪悪感は、ダイエットの大敵!

ダイエットの大敵が「罪悪感」というのは、初耳でした。

仕組みは、こうです。

罪悪感は、ストレスホルモンを分泌します。

ストレスホルモンは、交感神経を刺激するので、食欲が増進し、私たちを過食へと導きます。

また、自律神経を乱れさせるので、むくみの原因となったり、基礎代謝が低下し、体重が落ちにくくなります。

つまり、罪悪感を感じながら食べると、食べた分の体重増だけではなく、ストレスによる体重増にもつながってしまうのです。

まさに、ダブルパンチです。

抑制して、我慢して、さらに必要な栄養すらも罪悪感を感じながら食べれば食べるほど、悪循環。

だとすれば、どうせ食べるなら、罪悪感を感じずに、喜んで食べる方がいいといえます。

そこで私は、3時のおやつによって罪悪感を感じないために、こんな方法で食べることにしました。

スイーツに丁寧に向き合い、五感をフル稼働させるのです。

まず、そのスイーツの色・形・質感をしっかりと見ます。

そして、手で持った感触はどうか。ふわふわ、ずっしり、など。

口に入れる前に、必ず匂いも確かめます。

その甘くて幸せな香りを、脳裏に焼き付けるように。

食感はどうか。モチモチ、とろける、ザクザク、など。

この瞬間だけは、テレビの音を消して、噛む音にも集中します。

そして、ここからが山場。

味を、本気で感じにいくのです。

口に入れた瞬間に訪れる、一番最初の味。

噛んでいるうちに、舌の上でそれぞれの素材が混ざり合って、変化していく二番目の味、最後の最後にやってくる味。

食べ終わった後も、気を抜きません。

余韻を楽しみます。

さっきの味を思い出しながら、もう一度、しあわせに浸ります。

幸せ感覚の「復習」のような時間です。

勉強でも何でもそうですが、「復習」をすることで、記憶に定着していきます。

ここまで、五感をフル稼働させながら食べると、スイーツ一個でこの上ない「濃密な時間」と「満足感」を得られます。

そして、この食べ方の一番のポイントは、“ 食べ終わったあとの感覚 ” です。

「あっという間に食べてしまった・・・」「もっと食べたい!」ではなく、「素晴らしい時間だった♪」「美味しさの感動をありがとう!」です。

食べた満足よりも、気持ちがいっぱいになった満足に浸るのです。

不思議なことに、気持ちがいっぱいになれば、なぜかお腹も満たされて、「もっと」の気持ちが消えています。

「もっと」が消えると、食べ過ぎることもなくなりました。

もちろん、後悔も感じません。

五感で味わった満足感が、記憶に焼き付いているので、しあわせが持続しているからです。

食べている間は、美味しくて、しあわせでいっぱいになり、食べ終わったあとも満足感が持続する。

それを知ってから、私はスイーツも、我慢せずに、喜んで食べることにしました。

どうせ食べるなら、喜んで食べる。

幸せを感じながら、食べる。

感謝して、食べる。

いくつになっても、「食べる喜び」「おいしい嬉しさ」を大切にしていきたいと感じています。

タイトルとURLをコピーしました