スポンサーリンク

ひとり時間『me time』に、モーツァルトの美しいバイオリンの旋律に陶酔する

私の「me time」

それは、淹れたてのコーヒーの香ばしい香りが部屋中を包む中、ふわっと踊るように鳴る柔らかいバイオリンの旋律に耳を傾けながら、中世ヨーロッパのお城や、バロック絵画を眺めることです。

お気に入りの曲は、「ピアノ協奏曲 第21番 ハ長調 K.467より 第2楽章 アンダンテ」です。

映画「みじかくも美しく燃え」にも用いられており、旋律の美しさにうっとりする曲です。

いつもの部屋にいるはずのに、モーツァルトとコーヒーが組み合わさると、一気に中世にタイムスリップして、非日常の雰囲気を味わえます。

弾んだり消えかけたりしながら、自分の周りをたゆたうバイオリンの音に身を任せていると、心地よいエネルギーに身体が包まれていくようなイメージになっていきます。

この “ ゆったり ” としたスピードが、意識を、心の奥深く深くへと、導いていってくれます。

それは、まるで雑念が入る余地のない特別な時空で、自分の “ 感覚だけが漂っている ” ような、何とも言えない不思議な夢心地です。

気づくと、リズムに合わせて呼吸は自然とゆったりしているので、気分はリラックスし、穏やかで優雅な時間を過ごせます。

「me time」 とは?

「me time」とは、リラックスするために、静かな時間を一人でくつろいだり、干渉されることなく好きなことをして過ごす「自分だけの時間」です。

ポイントは、「ひとりで過ごす」です。

時間を、誰かのためではなく、自分のために使うことで、自分に向き合うことができて心身が癒されます。

刺激に溢れた世界から自分を切り離し、自分自身に意識を向けて、自分だけの時間を楽しむのです。

「me time」は、情報過多な現代を生きる私たちのストレスを軽減し、エネルギーを回復する大切な時間です。

タイトルとURLをコピーしました