心が洗われる素敵な詩♪『奥山の花』

奥山おくやまる人のなきところでも

くべきときは いつも

が あろうがあるまいが

におうときは いつでもにお

があっても 自慢じまんせず

そしられても 腹立はらたてず

さかんになっても たかぶらず

おとろえても わるびれず

よそのはな見事みごといても

うらやみもせず ねたみもせず

おとれるはなをも あなどらず

あつめ草

こんな素敵な詩が、ラジオから流れてきました。

純粋かつ健気で、それでいて凛として。

そんな、奥山の花。

心がざわざわするときや、気持ちが沈んだときは、この詩を暗唱します。

すると、静寂な湖面のように気持ちは落ち着き 心を原点に戻してくれます。

タイトルとURLをコピーしました