スポンサーリンク

自然からの贈り物を感じ取る。私たちの「受け取ろうとする気持ち」を待っている。

ひと仕事を終えたあとの午後、お天気のいい日は気分転換に散歩に出かけます。

外へ出て空を見上げると、広がるスカイブルーと 白い雲とのコントラストの美しさに、あっという間に 気分はリフレッシュします。

小春日和の昼下がりに、穏やかな日差しの ほのかな温かさを 体で感じながら、この気持ちのいい空を見るのが大好きです。

この時期ならではの瞬間です。

私はこのとき、自然からの贈り物だなと感じます。

自然からの贈り物は、“ 見ようとすると ” 様々なものが見えてきます。

空の色、雲の形は、日によっても、時間帯によっても違います。

今この瞬間であっても、じっくり見てみると、青は青でも、空の下の方は薄い水色に見えて、空の真上は濃い青色のように見えたりと、空にはグラデーションがあります。

このような微かな色の変化も、見ようとするまでは、それを ” 認識しないので ” 見えていませんでした。

いつもの青空だと思って見るときは、” じっくり見ようとしないから ” です。

他にも、

  • こっちを見つめている小鳥の愛くるしさ
  • 公園のベンチに、オレンジ色の朝の光が差す セピア色の風景
  • 真昼間の日光の下で、色がはっきりくっきり見える木々の輪郭や花びら
  • 青々とした芝生の真ん中に立つ木の存在

私が見ても見なくても、それまでもずっとそこにあったものです。

そして、見ようとしなければ素通りしてしまうもです。

私は、いつも思います。

自然からの贈り物は、もうすでに準備はできていて、あとは私たちの ” 見ようとする行動 ” 、それを ” 受け取ろうとする気持ち” を待ってくれているんだと。

タイトルとURLをコピーしました