玄米を味わう楽しみ

最近、玄米の魅力に 取り憑かれています。

それまでは、玄米生活の方が健康にいいとは分かっていても、モソモソする食感が苦手だったので、白米に 米ぬかをかけることで 栄養の補完をしていました。

しかし、玄米を一口100回噛むようになってからは、今までの玄米のイメージが払拭されました。

噛めば噛むほど、ほんのり甘くなっていくのです。

これは、唾液から分泌される消化酵素によって、お米のでんぷんが甘味成分に変化するからです。

この唾液に含まれる消化酵素は、よく噛むことによって、たくさん分泌されます。

ですので、噛めば噛むほど でんぷんが分解されて、口の中に甘みが広がってゆくのです。

甘いとは言っても、当然ながら砂糖のような甘さではなく、麦芽糖のような 素朴な甘さです。

良く噛むことによって、美味しさを味わえて、なおかつ 消化酵素の分泌によって胃腸の負担も軽減してくれます。

玄米は、しっかり水に浸す必要があるので、炊くまでに手間と時間がかかります。

ところが、一度この美味しさを知ると、その手間暇が苦にならないくらい、毎日の玄米食が楽しみになりました。

丁寧にしっかりと水に浸して、玄米がぷっくり膨らんでいく変化を味わうのまた一興です。

そうして、ふっくらと炊き上がった玄米の上に、「塩」と「黒ゴマ」をパラパラと振ります。

さらに、仕上げの調味料として、100回噛むにつれて分泌される「消化酵素のアミラーゼ」が加わることで、ほんのり甘くて美味しい玄米本来の味を 楽しめます。

あえて表現するならば、味に会いに行く感じです。

たいていの料理は、口に入れたその瞬間から 味が向こうからやって来るので、そんなに噛まなくても美味しくいただけます。

玄米だと、その場合、せっかくの美味しさを素通りしてしまいます。

こちらから出向いて行かないと 出会えないのが、お米の甘みです。

塩、黒ゴマ、玄米の甘みが織りなす美味は、毎日食べても飽きません。

ところで、玄米は、白米では削り取っている「皮」や「胚芽」も食べるので、農薬が少し心配です。

やはり、丸ごと食べる食材は、無農薬の方が安心です。

初めての玄米選びだったので、お試しでこちらの無農薬の玄米を購入しました。

化学肥料も使用していないようで、安心して美味しくいただけました。

玄米にも品種がたくさんあるので、今後は他の玄米の食べ比べをしていくのが楽しみです。

塩も、精製塩ではなく、ミネラルが豊富のこちらの自然塩を使うようにしています。

タイトルとURLをコピーしました