スポンサーリンク

北欧に学ぶ幸せの秘訣「ヒュッゲ(Hygge)」。新しい言葉を知ることで、世界が広がる

最近知った言葉の中に「ヒュッゲ(Hygge)」があります。

ヒュッゲ(Hygge)とは、北欧デンマークの言葉で、

  • 居心地がよくて、くつろげる空間
  • ゆったりとした楽しい時間

のような意味があるそうです。

つまり、

  • くつろいでいる
  • 落ち着いている
  • なごんでいる

ようなイメージ。

これらは、日常のささいな出来事に対して感じる「しあわせ感」です。

スローな時間を楽しみ、そのための環境をつくっていく。

デンマークの人々の「心の持ち方」や「生き方」であり、 “ 大切な価値観 ” であるともいえます。

ヒュッゲな時間を過ごし、ヒュッゲに暮らしていくには、自分の「感覚」に意識を向けて、身体的にも精神的にも「心地いい」を敏感に感じ取っていきます。

ヒュッゲは、自分で、意識的に、つくっていくことができます。

  • まずは、自分の「心地いいこと」や「満足を感じること」は何かを “ 知る
  • 自分が居心地のいい「空間」や「場所」を “ つくる
  • そして、しあわせを感じる楽しい「時間」を “ 大切にする

日常の幸せや、喜びを、積極的かつ繊細に “ 感じにいく ” というニュアンスが、日本人にとっての “ 侘び寂び ” に相通ずるように思いました。

現代人が追われている「生産性」や「効率性」の追求とは、まさに “ 真逆 ” 。

「余裕」や「余白」を大切にするイメージです。

モノをたくさん所有する豊かさではなく、ココロの豊かさ。

欲を満たす豊かさではなく、人とのふれあいやリラックスした時間で満たされる豊かさ。

新しい「言葉」は、新しい「感覚」を知ることができます。

それによって、新しい「認識」が増えるので、自分の中の「枠」が広がります。

「枠」が広がるにつれて、自分の中の世界もどんどん広がっていきます。

日々、いろんな「新しい言葉」や「素敵な言葉」を取り入れて、日常を彩っていきたいなと感じています。

タイトルとURLをコピーしました