いい気分は視野を広くする

スポンサーリンク
感情は解釈しだい

ネガティブ感情を溜め込まないコツ。視点をずらして、中和する

イヤなことが起こると、瞬時に、ネガティブな感情が湧いてきます。 「急いでるときに、なんでこんなことが起きるの!?」 「絶対こうした方がいいのに!」 「え!?電車が2時間遅れになっている!」 など。 人間は、無...
人生はつくってく

「人生の目的」の見つけ方。いい気分が、自分のやりたいことを教えてくれる

毎日が仕事に追われているとき、ふと思うことがありました。 「なんのために生きているんだろう?」 「10年後も、同じことが続いているんだろうか?」 すると、どこかから別の声が聞こえてきます。 「そんなのはイヤだ、それ...
感情は解釈しだい

今この瞬間を「いい気分」でいるために

今この瞬間を「いい気分」でいるためには、どうしたらいいのか? もちろん、楽しいことをしているときに、いい気分なのは当然です。 問題なのは、楽しくないことをしているとき。 そのときに、いかに「いい気分を保てるか」で...
人間関係は心地よく

まずは、自分を笑顔にしてあげる。自分が笑顔でいてくれると、みんな嬉しい

自分を笑顔にしてあげること。 これは、自分のためにすべき「人生の使命」だと感じています。 誰かを笑顔にするためにも、まずは自分が笑顔になる。 よく言われているように、まさに「幸せだから笑うのではなく、笑うから幸せ...
人生はつくってく

夢は、明日を生きるための「生きがい」。生きがいは、毎日を楽しくする

夢といっても、「一輪の花を買ってきて玄関に飾りたいな」の小さな夢から、世紀の大発明のような大きい夢まで、人によってさまざま。 大人になると、日々の雑多なことに意識を取られるので、同じ毎日の繰り返しになりがち。 そんな毎日を、鮮...
人生はつくってく

「広い視野」で見なければ、いつまで経っても同じことの繰り返し

まずは、「あきらめる」が必要 もし、このままずっと、「あれしなきゃ。これしなきゃ。」や「本当はあれもしたいのに・・・これもしたいのに・・・」が、頭の中にある状態が続いていったとしたら、どうなるのか? “ これから先も、...
感情は解釈しだい

視野を広くするには、「いい気分」でいることが必須

現実の見え方は、自分の「感情」によって大きく変わります。 落ち着いて、リラックスした「いい気分」でいるときは、将来までをも見据えた「広い視野」になるので、「目先の利益」よりも、「長期的な利益」を選択する余裕をもてます...
感情は解釈しだい

「朝の感情」が一日を左右する!いい気分のイメージで、最高の一日が始まる「いい予感」がする

感情を変えるには「イメージをする作業」が大切。イメージなしに「気持ちいい!」「最高な一日!」と言っても、無理やりポジティブにしている感覚になり「気分と言葉のギャップ」に冷めた気持ちになってしまう。いい感情へと自分をコントロールする朝習慣
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました