スポンサーリンク

今この瞬間を「いい気分」でいるために

今この瞬間を「いい気分」でいるためには、どうしたらいいのか?

もちろん、楽しいことをしているときに、いい気分なのは当然です。

問題なのは、楽しくないことをしているとき。

そのときに、いかに「いい気分を保てるか」です。

いろんな人の考え方を学ぶ中で、私に合うものがありました。

たとえば、

  • 「この洗い物が終わったら、シンクがスッキリして気持ちいいよ♪」と、「スッキリ」や「気持ちいい」に焦点を合わせて食器を洗う
  • 「この仕事、単調で退屈だけど、これが終わったら美味しいスイーツが待ってるね♪」と、「楽しみ」に意識を置いて作業をする

など、意識を「面倒」「退屈」から、「気持ちいい」「楽しみ」に、らしていく方法です。

意識の「矛先」を変えるということです。

「気分の感じ方」を、“ 自分が選んでいく ”のです。

「面倒だな」「退屈だな」の気分のまま、作業を続けることもできるし、「気持ちいいだろうな」「楽しみ♪」の気分に変えてから、作業を続けることもできます。

すべて、自分次第。

ただ、気分を変えるには、「解釈を変える」という、ちょっとした手間が必要なだけです。

このちょっとした手間をかけるだけで、楽しく毎日を過ごせるなら、喜んでそうしたいです。

解釈は、自分で選べます。

誰にもコントロールされませんし、強制もされません。

頭の中だけは、本当に「自由」なんです。

“ 意識の矛先を選ぶ ” という、ちょっとした手間を「かけるのか」or「かけないのか」が、気分の分かれ目です。

瞬時に湧いた感情のままでいるのか、新しい解釈を選んで感情を変えるのかは、すべて自分にかかっているということ。

「解釈が変われば、気分が変わる」という、脳の仕組みがせっかくあるのなら、どんどん使っていかないともったいないなと、感じています。

タイトルとURLをコピーしました