脳を鍛える

人生

「今の現状」と「望む未来」を繋げるために必要なのは、その間をうめる「物語作り」と「ページ作り」

アニメで例えると、分かりやすいです。 ヒントは、物語の主人公が「どう始まって、どう終わるのか」です。 その主人公を取り巻く環境や、本人の心境が、どのように始まって、どのように完結するか。 たとえば、 どん底の境遇か...

瞑想が難しいときは、とりあえず「深いゆっくりした呼吸」を行えたら「良し」とする

雑念を湧かせないようにするのは、本当に難しいです。 考えないようにすればするほど、どんどん湧いてきます。 よく瞑想の本には、呼吸に意識を向けると書かれています。 しかし、その日の気分や体調によっては、呼吸だけに意...
思考

『考える』は自ら問いを立てること、『思考停止』は誰かの意見を鵜呑みにして流されること

学校では、誰かが立てた問いに対して、いかに正しい答えに辿り着くかということを徹底されてきました。 テストの問題を解いたり、授業であてられて正しい答えを言うなど、誰かに問いを投げかけられてから初めて考えるという流れに慣れてしまっていま...
スポンサーリンク
健康

深い睡眠は「脳の老廃物」を洗い流すシステム

脳の老廃物の中には、アルツハイマー病の原因の一つとされる代謝副産物もあるので、年齢を重ねるほど深い睡眠をとることを軽視せずに本気で対策を考えていく必要があります。 睡眠は、体の疲労回復だけでなく、脳内の毒素を排出するための「...
思考

「学ぶこと」は、自分を守る盾

人間の中にある2つの脳   情動と本能を司る、無意識の動物脳 知性を司る、意識的な人間脳   人間脳が、人間を人間たらしめる   動物脳は、恐怖と怒りで私たちを翻弄する 人間脳は、恐...
書評

感想『脳から見るミュージアム アートは人を耕す 中野信子,熊澤弘/著』

アート作品に自分が何を感じるのか、何を発見するのか、どういう意味付けをしたのかは、すべて自由です。 そのアート作品にはどんな情報が含まれているのか、誰のところを渡り歩いてどんな旅をして今目の前に“ある”のか、これから何とつ...
書評

一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学 cis/著

cisさんはまさに大局的、合理的、客観的な視点の持ち主です。 そして、自ら「期待値オタク」と称するほど、頭の中にあるのは、期待値が高い法則や攻略、そして効率。 それらをフル動員させて常に勝負をし続けています。 株...
健康

オルゴールの音色は脳を癒し心と体を健康へ導く

ぜひ、こちらのオルゴールの素敵な音色を聴きながらお読みください♪ 「オルゴール」は日本語 「オルゴール」という名前は日本独自の名称で、オランダ語やドイツ語でオルガンを意味するorgelに由来しています。 ちな...
健康

脳のワーキングメモリは何歳でも鍛えられる~使うことを意識して習慣にする~

ワーキングメモリとは? ワーキングメモリは、作業記憶、作動記憶とも呼ばれており、短期的に記憶をするだけの受動的な機能ではなく、脳に一時的に情報を保持して同時に処理もするので、能動的で目標志向的な脳機能といえます。 私たちが日常生活...
健康

認知機能を高める習慣づくり①日光 ②運動③食事④ぼーっとする

日光に当たることが基本 朝になると目を覚まして、夜になると眠くなるという一日のリズムは、体内時計によって管理されています。 夜になると眠くなるのはメラトニンが分泌されて眠気を誘うからです。 朝に太陽の光...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました