絵本

スポンサーリンク

どんな境遇でも、愚痴や不満を言わず、微笑みを忘れず、慈悲の心をもって、ちゃんと前に進んでいく。

「ほしのぎんか」の物語に出てきた主人公は、まさにそんな女の子でした。 その女の子は、一見すると不幸の真っ只中にいます。 貧しくて、ひとりぼっちで、食べるものは一切れのパンだけ。 住んでいる家も、ボロボロで今にも崩れそうな...
書評

感想『あるかしら書店 ヨシタケ シンスケ/著』

現実にはありえないような、でもあったら楽しそうという「発想」が満載で、本との付き合い方に新しい視点を得られます。 そして、本という一つの観点から、ユーモラスなシチュエーションをこんなにも思いつけるのかと驚かされます。 ...
日常を味わう

静寂という贅沢な時間を大切にする『ターシャ・テューダー 静かな水の物語』

この映画の始まりは、絵の中の2匹のうさぎが動き出し、雪の降り積もったコーギコテージにぴょんぴょんとやってくるところからです。 流れる音楽も素敵です。 しんしんと降る雪にぴったりの透き通った声とピアノの響きによって、...
書評

心を純粋無垢にしてくれる絵本たち

絵本は即効性のある心のサプリメント。 ほんの数分で癒されて、心を温めることができます。 日々の喧騒に疲れてホッと安らぎたいときに絵本を開くと、忘れかけていた純粋無垢の気持ちがよみがえってきます。 このページでは、...
書評

感想『はながさくころに 芭蕉みどり/作・絵』

絵本は子供だけでなく大人をも素敵な空想の世界にいざなってくれます。 その絵本の中にお気に入りの絵があると、読み返すたびに心ときめく瞬間も味わえます。 この絵本「はながさくころに」は、芭蕉みどりさんの 「ティモシーとサラの絵本」...
書評

感想『バクくんのゆめのたね いりやまさとし/絵本 松本俊明/音楽』

絵本は子供だけでなく、大人が読んでも楽しめるものがたくさんあります。 教訓が込められている絵本、韻を踏んだ言葉遊びが楽しい絵本、イラストが綺麗な絵本、童心に返れる絵本・・・ そんな絵本の中から、心の温度がちょっと上...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました