人間関係は心地よく

スポンサーリンク
人間関係は心地よく

他人の不機嫌に振り回されない!大切なのは、他人の機嫌よりも「自分の機嫌」

他人の不機嫌に合わせる必要はありません。相手のどんな感情にも振り回されずに、自分の機嫌は自分でコントロールしていくことができます。なぜなら、この世には福も禍もなく解釈次第でどうにでもなるから。他人の機嫌に左右されない生き方のほうが楽です。
人間関係は心地よく

褒めるときは『理由』をつけて『具体的』に言うことで信頼感が増す

「お世辞」は褒め言葉ではない 「お世辞」は、心にもないことを言うことです。 本当はそう思っていないのに、相手の機嫌を取ろうとして無理やり言葉にしても、顔が引きつってしまったり、声のトーンなどで相手にもその感情は伝わります。 ...
人間関係は心地よく

『機嫌がいい人』のところに、人は引き寄せられる

スナックや高級クラブに自然と足が向かうのは、ママやホステスさんがいつでも機嫌良くしてくれていて、自分を大切に扱ってくれるという側面もあるかと思います。 もし、機嫌の悪いママや、不機嫌なホステスさんしかいなかったらそもそもお金を払って...
人間関係は心地よく

みんなと『違う』ことに劣等感を抱くのか『個性』と捉えるのか

子供の時は、大人や周囲の人々からの「指摘」により、初めて自分とみんなとの「違い」を「自覚」し、それがイヤだと思えば劣等感を感じてしまうし、それが嬉しいと思えば自慢になる。 成長してくると、属するコミュニティにいる人々と自分と...
人間関係は心地よく

人は干渉されると離れたくなる、『適度な距離感』が大切

干渉されすぎると、そこに安らぎは生まれません。知らず知らずのうちに距離をとりたくなります。人は、ある程度の自由を感じられる「適度な距離感」を心地よく感じます。求められていないのに人にアドバイスをしようとする場合にも注意が必要です。
人間関係は心地よく

相手が思い通りに動かなくてもメンタルを保つ考え方『一歩その先まで考えておく』

例えば、相手が時間通りに来るかどうかは、相手次第であり、自分にはコントロールできません。 それなのに、時間通りに来ることがあたりまえだと思っていると、相手が遅れることで、自分がソワソワしたりイライラしてしまいます。 ...
人間関係は心地よく

『ゆっくり話す』ほうが、優しく上品に聞こえる

ゆっくり話すことで「呼吸がゆっくり」になり、心が落ち着くので自律神経のバランスも整います。 さらに、ゆっくりのテンポであれば、優しく聞こえるし、上品な印象にもなるのです。 例えば、激しいリズムで魂を鼓舞するような曲でも、ゆっく...
人間関係は心地よく

イライラの原因は相手への『期待』

「してくれてあたりまえ」「できてあたりまえ」という自分の中にある基準がイライラという感情をつくりだします。 自分の基準に合わせて相手に期待したり、相手に行動を求めると、その通りにならなかったときにイライラしてしまいます。 ...
人間関係は心地よく

「指示待ち体質」から脱却できる本

部下が言われたことしかしない、自分で調べずにすぐ質問する、自分で考えて動かない ・・・ などの「指示待ち体質」から脱却できる本です。 このページでは、「自分の頭で考えて動けるようになる秘訣」を教えてくれる本をご紹介します。 ...
タイトルとURLをコピーしました