人は「どのように扱われたか」で、振る舞いは影響を受ける

人をごまかすような人間でも、相手に心から信頼され、正直で公正な人物として扱われると、なかなか不正なことはできないものなのだ。

『人を動かす』デール・カーネギー

相手から、紳士淑女として対応されたら、知らず知らずのうちに、自分も紳士淑女のような振る舞いをしています。

たとえば、買った商品に何か問題があって、クレームの電話をかけたとします。

そのときに、私たちを「気品があって礼儀正しい理解のあるお客様」として丁寧に扱ったとしたら、こちらも理解のある態度をとって、礼儀をわきまえた上品なお客様として振る舞っています。

ところが、相手からの謝罪はあったとしても、私たちを「物分かりの悪い鬱陶しいクレーム客」として事務的に扱ったとしたら、こちらも余計に物分かりの悪い態度と、あらゆる問題点を指摘しながらクレーマーを徹して最後まで戦おうとムキになってしまうかもしれません。

というのも、脳は、矛盾を嫌うからです。

そういう扱いを受けたなら、自然とそういう振る舞いをしようとします。

トイレの張り紙で見かける「いつも綺麗に使ってくれてありがとうございます」は、まさにその典型で、「汚さないでください」と書かれているよりも、自然と綺麗に使おうという気になります。

前者は、私たちがいつも綺麗に使っていることが前提なのに対して、後者は、最初から私たちが汚すことを前提としているからです。

相手がどのように自分を扱っているかによって、こちら側の振る舞いは少なからず影響を受けます。

ですので、逆の立場で考えたときに、たとえ「あの人はこういう人だよ」と言われて、マイナスの印象を抱いていたとしても、勝手な先入観を持たずに、どんな人であれ紳士淑女として対応するに越したことはありません。

そうすることで、相手も気持ちの良い対応をしてくれます。

そして、絶対にしてはいけないが、ネガティブな決めつけ発言です。

「あなたってこういう人よね」「この子はこういう性格だ」などの発言をする場合、それがネガティブな内容でないかどうか、今一度よく考えてから 声に出すことが大切です。

相手にネガティブなところを直してほしいという思いで指摘したつもりでも、決して相手は直そうという気にはなりません。

なぜなら、相手は

「どうせそう思われてるなら、そういう振る舞いをすればいい」

と無意識な心理への影響があるので、プラスの内容を言わないと逆効果になってしまうからです。

あなたは天邪鬼だとか、あなたは意地悪だとか言ってしまうと、相手は余計にそう振る舞います。

特に、幼少期の子供は親の言葉で暗示にかかりやすので、このようなネガティブなイメージの決めつけ発言には要注意です。

親から自分のネガティブなイメージを植え付けられてしまうと、子供自身が「自分ってそういう性格なんだ」と思い込んでしまうので、自己肯定感も育ちません。

たとえ、そう思ったとしても、決して口にせずに、プラスの面を探して、そっちを伝えてあげることが大切です。

「あなたの挨拶は気持ちいいわね」「あなたは誠実で素直で信頼できる」と言った方が、相手も無意識にそういう振る舞いをしようとしてくれます。

タイトルとURLをコピーしました