人は干渉されると離れたくなる、『適度な距離感』が大切

良かれと思って、パートナーや子供や他人にしていること。

例えば、その人のためを思って、いいものを勧めたり、尽くしたり、アドバイスをするようなとき。

たしかに、干渉されることによって愛情を実感できることもあります。

しかし、もしその人が断れないタイプで、自分の意見をはっきり言わずに、すべてを受け入れていたら要注意かもしれません。

最初は、その人も喜んで聞き入れて感謝してくれるかもしれないけれど、同じことが続いていくと、負担を感じていることもあります。

なんとなく、縛られていて自由がないような感覚になっていくから。

だけど、自分のために言ってくれたり、してくれていると分かっているから、NOとも言えません。

本当は、少し放っておいてほしいと感じていたとしても。

だけど、心は疲れていくので、他に癒しを求めたり、自由を求めて少し離れたくなり知らず知らずのうちに距離をとってバランスをとろうとします。

相手が窮屈にならないためには、人に何かを勧めたり、やってあげたり、口出しをするのは、それが過度になっていないか気をつけなければなりません。

また、求められていないのに人にアドバイスをしようとする場合には、もっと注意が必要です。

干渉されすぎると、そこに安らぎは生まれません

人は、ある程度の自由を感じられる「適度な距離感」を心地よく感じます。

タイトルとURLをコピーしました