『愛情の反対』は 憎しみではなく『無関心』

この記事は約2分で読めます。

人は 「存在」を認めてほしくて、まずは「正の注目」を引こうとします。

テストで良い成績をとったり、スポーツで活躍したり、バイオリンを上手に弾いて、親から「すごいね」と認められたいのです。

ただ 関心を寄せてほしいのです。

それができないと分かると、今度は「負の注目」を引こうとします。

わがままを言ったり、わざと相手の嫌がることをしたり、引きこもったり、非行に走ったりして、自分の存在に注目を集めようとします。

この「正の注目」も「負の注目」も どちらも根底は同じです。

関心を寄せてほしい。

認められたい。

必要とされたいのです。

愛情の反対は

憎しみではなく、

無関心です。

エリ・ヴィーゼル ユダヤ人作家,ノーベル平和賞受賞

また、「無視」も同様に「愛情の反対」です。

「無視」のように、人と一緒にいるのに感じる孤独ほどつらいものはありません。

相手の存在に 誠実な関心を寄せる第一歩は、「挨拶」だと思います。

挨拶は、「相手の存在を認めること」だからです。

ただ儀礼的に声を発するのではなく、相手を見て 笑顔で声をかけることが、「相手の存在にきちんと関心を寄せている」というメッセージになっていると感じます。

人は正しいことをして注目されないと

時に「負の注目」を集めようとする。

人生をみじめにするような努力はやめるべきだ。

アルフレッド・アドラー
タイトルとURLをコピーしました