体のコントロール

消化スピードが異なる食材を一緒に食べると、腸内で腐敗する

消化の早い食べものと、消化の遅い食べものを 一緒に食べると、腸内で発酵や腐敗が繰り返されてしまう。 『腸がすべて』の著者であるフランク・ラポルト=アダムスキー氏は、食べものが消化管を下りてくる消化スピードを研究していました。 ...
心のコントロール

一日一日、「あたりまえ」から「有難い」の感覚に戻す時間をつくる

一日が なんとなく始まって なんとなく終わるのを回避するために、一日の「始まり」と「終わり」に感謝の習慣をつくります。 手を合わせて感謝するという行為そのものが、今日という日が始まったという「けじめ」でもあり、今日という一日...
心のコントロール

今すべきことの「優先順位」を考える時間を長くすることで、大事なことが優先的に現実化していく

今すべきことの「優先順位」を考えないと、衝動や欲に負けて、目の前のどうでもいい刺激に反応して 時間を浪費してしまい、あとで後悔します。 人間は、時間を軽視しがちです。 なぜか、まだまだ時間はたくさんあると思って、つい後...
スポンサーリンク
今日を楽しむ

心が洗われる素敵な詩♪『奥山の花』

奥山おくやまの 見みる人のなきところでも咲さくべきときは いつも咲さく嗅かぎ手てが あろうがあるまいが匂におうときは いつでも匂におい褒ほめ手てがあっても 自慢じまんせず謗そしられても 腹立はらたてず盛さかんになっても 昂たかぶら...
今日を楽しむ

玄米を味わう楽しみ

最近、玄米の魅力に 取り憑かれています。 それまでは、玄米生活の方が健康にいいとは分かっていても、モソモソする食感が苦手だったので、白米に 米ぬかをかけることで 栄養の補完をしていました。 しかし、玄米を一口100回噛...
心のコントロール

「現在」とは、未来へ続く楽しい旅の真っ只中。ワクワクする感情が自分を動かす。

過去の思い出が美化されて、現在と比べてしまうことがあります。 物思いに耽ったり、ノスタルジーに浸るのは楽しいものです。 懐かしいという感情は、安心感や 幸福感を与えてくれるからです。 ノスタルジーは、重力のように...
今日を楽しむ

英語にできない日本の美しい言葉

日本語の「言葉」には、日本人の「感性」が 詰まっています。 今ある日本語の一つひとつは、時を経ていく中で、日本人の繊細な感覚や美意識、伝統の習慣などを 一語に結晶化したものです。英語にできない日本の美しい言葉 吉田裕子/著 ...
今日を楽しむ

朝食に フルーツと音楽で、一日を 気持ち良くスタート

「1日1個のりんごで医者いらず」というイギリスのことわざがあるくらい、りんごは栄養が豊富で 健康効果の高いフルーツです。 善玉菌のエサでもある 食物繊維を豊富に含んでおり、腸内環境を改善し、便通を促してくれます。 また、りんご...
心のコントロール

自分が思い描く「未来」によって今の「行動」がつくられている、自分を制限している思い込みを取っ払う

過去の原因は「解説」にはなっても「解決」にはならないだろうアルフレッド・アドラー 起きた過去は変わらないので、どんなに過去の原因から「今の行動」を説明しても、なんの解決にもなりません。 解決への道筋は、未来の目的からつ...
心のコントロール

「いい気分」でいられる空間で 日々を過ごす。小さな選択の 積み重ねが 人生をつくる

自分が いい気分になれる情報を 取り入れ続けることで、自分の「心の中」が適度に循環されて、良い状態を保ってくれます。 そのためには、「ときめくもの」に囲まれる空間で 日々を過ごせるようにしていきます。 ミニマリストにな...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました