スポンサーリンク
人生はつくってく

100年カレンダーの凄さ!「主観で見る時間」と「等間隔で見る時間」のギャップ。時間感覚のズレを調整できる

100年カレンダーを眺めると、思い込みによって圧縮されていた時間が解凍されて、新たに再構築された世界が目の前に広がる。思い込みによる「見方」は、主観による「相対的な大きさ」にすぎないと実感。時間感覚のズレが調整されることで、人生観が変わる。
人生はつくってく

『時間』を「受け取っていく」感覚の方が、心にたまって満たされていく

よく、時間を『使う』という表現をします。 それだと、 自分の持ち時間を “ 切り取って減らしていっている ” ような、時間を “ 消費している ” 感覚 と、なります。 そうなると、「人生の残り時間は、あとこれだけ...
幸せなひとり時間

やっぱり「紙の本」が好き。電子書籍との違いは「体感覚」

私にとって、『紙の本』と『電子書籍』の一番の違いは、「五感で得られる刺激」です。 たしかに、電子書籍は場所もとらないし、文字の大きさを変更できたり、検索機能があるなど、良い面がたくさんあるので、私も利用したりします。 とくに、...
人生はつくってく

眠りは、小さな死。一日一生。「終わりがくる感覚」を大切にする

毎晩、眠りという死の疑似体験をしているとすれば、一日が「小さな人生」そのもの。 意識が途絶えるという意味で、「眠り」も「死(永遠の眠り)」も似たような感覚に思えます。 次の日に、目覚めるのか、そのまま目覚めないかの違いだからで...
感情は解釈しだい

孤独な鳥の五つの条件。孤独はかっこいい。ただ、自分が自分の声を無視すると“孤独感”を感じる

幼い頃は、「孤独」という概念はなく、自由に飛べていたのではないかと思います。 「個」のまま、「あるがまま」の自分で 。 孤独な鳥の条件は5つある1 孤独な鳥は 高く高く飛ぶ。2 孤独な鳥は 群れない。他の鳥がいても影響...
体はなにより大切

何もしないと筋肉は減り続ける!サルコペニア予防には「筋肉貯金」。毎日「たんぱく質」と「運動」を意識する

「サルコペニア」という言葉を最近よく聞くようになりました。 加齢に伴って、筋肉量が減少し、体の機能が低下することだそうです。 年を取るにつれて、筋肉が衰えていくことは、もちろん誰もが知っています。 しかし、分かっていても...
感情は解釈しだい

「感覚の変化」に気づく。「できるようになったこと」を認識することは、自分を大切にするということ

たとえ、小さな変化だったとしても、自分ができるようになったことを探して見つけたときに「ちゃんと成長してるんだ」と充実した感覚が得られます。 振り返ってみて、自分の「できるようになったこと」を思い出してみます。 すると、その当時...
人生はつくってく

「自分への問いかけ」は未来を変える。自分への質問が悪い習慣を抜け出す第一歩

未来を変える第一歩は、「自分に質問をする」です。 いつもと同じ行動パターンにならないために「未来を切り替える質問」をするのです。 人の行動パターンの9割は、昨日と同じことの繰り返しだと言われています。 この脳の仕組みが、...
感情は解釈しだい

やるべきことには「ポジティブな目的」をセット。作業自体ではなく「その先」へ意識をフォーカスする

もし、行動を阻むものがあるとしたら、それは「ネガティブな意味づけ」です。 何かをやる前に、その先に待っている「ポジティブな目的」も一緒にイメージすることで、気持ちがそちらの方に向くので、スムーズに行動にとりかかれます。 例えば...
感情は解釈しだい

日々おいしくごはんを食べられたら十分しあわせ

これは、私が大事にしている基本です。 ところが、長く生きていると、どんどん他の幸せにも目が向いていきます。 誰かからの評価に幸せを求めてしまったり、モノを所有することに幸せを求めてしまったり、愛されることに幸せを求めて...
タイトルとURLをコピーしました