変化は世の常―諸行無常の世界―

すべてのものは、この一瞬一瞬に変わっていっている。

芽は伸びていき、つぼみは開く。

川は流れていくし、雲は形を変える。

流れ星も、虹も、オーロラも、現れては消える。

木の葉は落ちて、桜は散る。

建物はいつか壊れるし、生きているものはいつか死ぬ。

それが何かしらの作用によって早いか遅いかなのだ。

大切なことは、今この瞬間に『それ』が存在しているということ。

そして刻々と変化しているということ。

その変化を受け入れて、対応していくしかないということ。

現状維持が後退につながるのは、現状維持なんて存在しないから。

変化しているのに、それに気づかず変化に対応しないから。

真の意味での「現状維持」が存在しないからこそ、『それ』が今この瞬間にその姿で存在していることに感謝し、変化を受け入れ、夢や理想に向かって一歩ずつ前に進んでいく。

諸行無常の世界だからこそ、『変化』を楽しんでいく。

タイトルとURLをコピーしました