成功のカギは『下ごしらえ』を『今しているかどうか』にある

この記事は約3分で読めます。

多くの人は「運」を「実力」と勘違いします。

かつて訪れた絶好の機会が忘れられずに、またいつか絶好の機会が来ることを永遠に待ち望んでいます。

しかし、絶好の機会は待っていても二度と訪れないか、あっても気づかないことの方が多いかもしれません。

なぜなら、その絶好の機会の存在に気づくためには、今『そのための何か』をしている必要があるからです。

私たちがすべきことは、訪れた機会がChanceなのかOpportunityなのかをきちんと区別して捉えることです。

Chanceは運によって得られる偶然の機会ですが、Opportunityは努力と工夫によって得られる適切な機会です。

私たちはChanceを待つのではなく、Opportunityを自分で作っていく必要があります。

その過程で、もし運も味方をしてくれるときには、Chanceもある日突然に訪れるかもしれません。

しかし、それは単にChanceであり、そのChanceとの偶然の出会いに感謝して、決して自分を過信せずに、日々『下ごしらえ』をしていくことを怠ってはいけません。

そこで、『Good Luck 著者/アレックス・ロビラ,フェルナンド・トリアス・デ・ベス』では、魔法のクローバーを巡る物語を通じて、「運」と「幸運」とをきちんと区別することを教えてくれます。

幸運が訪れないからには、訪れないだけの理由がある。

幸運をつかむためには、自ら下ごしらえをする必要がある。

出典:Good Luck

運命を分けるのは、幸運を作り出すための下ごしらえを『今、しているかどうか』です。

偶然しか信じぬ者は、下ごしらえをする者を笑う。

下ごしらえをする者は、なにも気にしなくていい。

出典:Good Luck

タイトルとURLをコピーしました