スポンサーリンク

眠りは、小さな死。一日一生。「終わりがくる感覚」を大切にする

毎晩、眠りという死の疑似体験をしているとすれば、一日が「小さな人生」そのもの

意識が途絶えるという意味で、「眠り」も「死(永遠の眠り)」も似たような感覚に思えます。

次の日に、目覚めるのか、そのまま目覚めないかの違いだからです。

いつ眠りに入ったのかは、自分では決して分かりません。

眠気とともに、記憶が時間軸を無視してあべこべに交差していき、夢と現実の間を行ったり来たりします。

この状態のときに、話しかけられると、意味不明な返答をして、自分でもびっくりすることがあります。

寝入りの瞬間は、記憶にアクセスしていた電気信号のスイッチを、一つずつ消していくように、意識が薄れていくので、寝入りの瞬間を「ここだ!」と特定できません。

起きたときに初めて、「あれ? いつの間にか寝てたんだ」と認識することができるだけです。

同じように、死も、夢うつつを彷徨いながら、いつの間にか意識が遠のいて、自分では死んだことすら分からないんだろうなという気もしています。

「眠り」という、毎日の「小さな死」があると考えれば、夜に眠る時間が近づくにつれて、

“ もうすぐ小さな死を迎えるけど、今日、満足のいく一日を過ごせたかな? ”

と、自問自答するきっかけになります。

“ いい一日だったな ” と思えたら、心置きなく眠れます。

それは、永遠の眠りの前に、“ いい人生だったな ” と思えるのと、同じ感覚のような気がしています。

なぜなら、人生は、今日という「一日」「一日」をすべて足し合わせたものだからです。

毎日やってくる「今日」を満足できなかったら、たとえ大きなビッグイベントがあってその日は満足できたとしても、そのあとは、また何もない日が続くことになります。

繰り返しの「今日」を満足するためには、ほんの少しの時間でいいので、「自分のための時間」をできるだけ持つようにしていきます。

「一人練習帖」とは、文字通り、一人の時間をいかにして持つか、増やしていくかという勉強である。

簡単なようで、これが難しい。家族がいる。友達がいる。なかなか自分一人の時間は訪れない。向こうからやってくるのを待っていては、いつになるかわからない。

『極上の孤独』下重暁子/著

そんな、一人で過ごす自分だけの時間は『me time』とも呼ばれています。

リラックスするために、一人で好きなことをして過ごす「自分へのご褒美」のような時間です。

大好きなスイーツを食べながら読書をしたり、美しい夕焼けをボーっと眺めながらココアを飲んだり、アロマの香りに包まれながらバスタイムを楽しんだり、間接照明の薄明りの中でジャズを聞きながらワインを味わったり、「ひとり朝食」を楽しんだり・・・。

「ひとり時間」は、自分と向き合う時間です。

自分の内面と深くつながり、自分を知る大切な時間でもあります。

“ いろいろあったけど、今日もいい日だったな ” と、眠る前に感じられるように、「今日」を大切に過ごしていく。

それが、「今日」の集合体である「人生」を大切にすることになり、“ いろいろあったけど、いい人生だったな ” と満足できる瞬間につながっているような気がしています。

タイトルとURLをコピーしました