早起きに必要なことは「気合い」ではなく、「逆算」

一日は、起きた時から始まるのではなく、寝る時間を決めるところからすでに始まっています。

  1. 明日の朝、〇〇時に起きるために、今日は〇〇時に寝る。
  2. ○○に寝るとすれば、寝る前のリラックスタイムを○○分確保したいから〇〇時にお風呂に入る。
  3. そのためには、夕食は○○時までに済ませる。
  4. そのためには・・・

と、寝る時間が決まることで自動的にスケジュールが立ちます。

人は与えられた時間の枠に無意識に合わせて行動してしまいます。

つまり、枠があるだけで、体はそれを基準に動いてくれるようになります。

後手後手ではなく、先手先手になり、時間に余裕が生まれるので、追われている感覚がなくなり、精神的にも楽になります。

明日の朝、早く起きるために必要なことは、「強い意思」ではなく「逆算」です。

頑張らないといけないのは、朝○○時に起きることではなく、「夜○○時に寝ること」です。

適切な睡眠がとれていれば、スッと起きられるので、気合いを必要としません。

寝る時間に向けて1日のスケジュールを合わせることで、「心の余裕」というプレゼントを明日の自分へ贈ることができます。

タイトルとURLをコピーしました