失敗は、成功を得るための「必要経費」

行動の中の一つである「失敗」は、売上を上げるために仕入れた商品のうちの一つにすぎず、成功を得るための「コスト」であり「必要経費」なのです。

経費なくして売上はありません。

成功もまた、行動なくしてありません。

仕入れた段階では、支出が発生したのみで、まだ収入がないので収支はマイナスの状態です。

しかし、それを失敗だと認識する人はいません。

なぜなら、仕入れたものの中から利益が生まれるのはこれからだということが分かっているからです。

かと言って、仕入れたすべてのものが利益を生むとも思っていません。

返品されたり、しばらくして型が古くなってしまったり、壊れてしまったり、そのまま在庫として何年も倉庫に眠ったままのものもあります。

仕入れたもののうち、どれが売上になるかは分からないけれど、一つだけ確実に分かることは、仕入がなければ売上は生まれないということです。

成功においても、行動のすべてが結果につながるとは誰も思いません。

行動の中には、失敗に終わるもの、もっと効率のいい方法が見つかるもの、すぐには成功にならなくても、その行動から生まれた小さなアイデアが温められて後になって活きてくるものもあります。

それらの行動のうち、どれかが成功につながるのです。

ある行動とある行動が化学反応を起こして成功に向かう新たな第一歩となることもあります。

どの行動が成功につながるのかは分からないけれど、一つだけ確実に分かることは、行動がなければ成功は生まれないということです。

I’ve missed more than 9000 shots in my career. I’ve lost almost 300 games. 26 times, I’ve been trusted to take the game winning shot and missed. I’ve failed over and over and over again in my life. And that is why I succeed.

Michael Jordan

― 私はこれまでに、9000回以上のシュートを外し、300回近くの試合に敗れた。自分に任された勝敗を決めるシュートは26回外している。私は人生で、何度も何度も何度も失敗してきた。そして、それこそが、私の成功の理由だ。マイケル・ジョーダン -

タイトルとURLをコピーしました