ヨガのゆっくりした『意識的な「呼吸」』は、自律神経を整える

部屋で ゆっくりヨガをすることで、心身ともに癒すことができます。

ヨガ教室だと、自分にはできないポーズがあったり、着替えて準備して行くまでが大変なので、通うのが億劫になりやすいです。

その点、おうちヨガは、誰にも気兼ねなく 自分のペースで行えるので、ひとり時間をゆっくり楽しむことができます。

現代人は、情報過多で ストレスフルな日々を 送っており、心も体も 緊張状態が続いています。

知らず知らずのうちに、肩に力が入って、呼吸は浅くなり、自律神経は乱れがちです。

そこで、『ヨガ』をして 体を気持ちよく伸ばすことによって、筋肉の緊張はほぐれ、血流は良くなり、心も整えることができます。

なぜ、ヨガをすると、体だけでなく「心も 楽になる」のでしょうか?

自律神経を 整えるための基本は、『呼吸』です。

ヨガは、その『呼吸』を大切にしているからです。

ですので、ヨガを ゆっくりと丁寧に 行うことで、呼吸が整っていき、自律神経のバランスもとれてゆくのです。

自律神経が 安定するから、気持ちが落ち着き、心も楽になるのです。

また、ヨガをすることで、「自分を内観する」ことにつながります。

ヨガは、自分の「体の動き」や「感覚」に意識を向けます。

普段は 「外」に向いている意識を、自分の「内側」に向けるので、自分にしっかりと 向き合うことができるのです。

日常生活の中では、体を 無意識に 動かしていますので、体の感覚には 無頓着です。

ヨガはその逆で、「体を 意識的に動かす」ので、体の感覚を味わえるのです。

力んでいる肩や首を 意識的に緩めて、呼吸で 膨らむお腹を感じながら、呼吸に合わせて 優雅にゆっくり動かします。

体の動きに 意識を集中させることで、脳の 反芻思考や 雑念も 消えていくので、脳もリラックスします。

そして、ヨガで ゆっくりと 体を動かしていくことで、呼吸も 深くゆっくりになっていきます。

ポイントは、「ゆっくり」を意識することです。

そして、呼吸を止めないこと です。

ポーズに集中しすぎると、つい呼吸が浅くなったり、呼吸を止めてしまっている場合があります。

ヨガの基本は、呼吸です。

ヨガは、「呼吸」も意識的に行います。

「呼吸」と「姿勢」を組み合わせることで、生命のエネルギーをめぐらせていきます。

呼吸は、心と密接に関係していて、心の状態が 呼吸に表れますし、逆に呼吸が 心の状態に影響を与えます。

ヨガで、体の動きに集中しながら「吸って、吐く」という ゆっくりしたリズムの呼吸を繰り返ことによって、心身はリラックスしていきます。

ぜひ、ヨガで「ゆったり流れる おうち時間」と「心地よい 伸び」を楽しんでみてください♪

こちらのB-lifeさんのヨガの動画がおすすめです^^

呼吸のペースや、体の どの部位の伸びを 感じているかなど、言葉で 丁寧に誘導してくれるので、ヨガ初心者でも分かりやすいです。

タイトルとURLをコピーしました