『寒い脱衣所』や『寒い浴室』はヒートショックを引き起こす危険性

冷え切った脱衣所で、寒さに震えながら服を脱ぐのは、つらいだけでなく非常に危険です。

なぜなら、

① リビングなどの暖かい場所から

② 脱衣所や浴室の寒い場所に移り

 熱い湯船に浸かったあとに

④ また寒い脱衣所に戻る

という急激な温度変化によって「血圧は乱高下」してしまうからです。

これは、ヒートショック現象と呼ばれており、血管心臓にとても負担がかかります。

冬に、入浴中の急死が多いのはこのためです。

近年では、交通事故の死亡者数よりも多くなっているそうです。

この危険なヒートショックを起こさないための対策として、まずは「寒暖差を小さくする」ことが大切です。

  • 入浴前に、暖房器具などで脱衣所と浴室を事前に温めておく
  • 入浴前にお風呂のフタをあけておいたり、シャワーでお湯をはるなどで浴室全体を湯気で温めておく
  • お風呂の温度を40℃以下にする

そして、

  • 入浴に十分な水分補給をして、血液がドロドロにならないようにする
  • 食後や飲酒後は血圧が下がりやすいので避ける
  • 急に浴槽から立ち上がろうとしない(血圧が急に下がってしまう)

など、冬場は特に気をつけることで、安全に入浴タイムを楽しみましょう。

タイトルとURLをコピーしました