脳内物質にはかなわない

スポンサーリンク
感情は解釈しだい

感情は脳内物質でできている。イライラしたらセロトニンを増やす!

理由もなく、なぜか気分がふさぎ込んで憂鬱なときや、無気力で何をするにも億劫に感じるときがあります。 心が穏やかなときとは明らかに違う “ 心の違和感 ” 。 そういうときは、ほんの些細なことにもイライラしてしまう自分がいます。...
心地いい人間関係

上機嫌でいることで、うまくいく

上機嫌でいることは、まるで魔法のように、相手の気分も、自分の気分も変えてくれます。 上機嫌療法とは、まさにこの療法をおこなっていなければ あなたに呪いの言葉を吐かせたであろうあらゆる不運や、とりわけつまらぬ事がらに対して、上...
幸せなひとり時間

瞑想で、ゆったりした心地よい感覚を味わう

東の窓から降りそそぐ、朝の太陽の光を浴びながら、頭をからっぽにする時間が大好きです。 目を閉じて、瞼を通して入ってくる優しいパステルオレンジの光が、なんとも言えず心地よく、ゆったりとした気分を味わえます。 私は、頭をからっぽに...
スポンサーリンク
体はなにより大切

満腹は内臓疲労の元!満腹中枢が働くまでの『20分間の食べ方』が大切

お腹いっぱいは、体が満足感を得ているのではなく、すでに胃は限界という食べ過ぎのシグナルです。 自分が消化できる量よりも多く食べ過ぎてしまうのは、おいしいものを食べることによって、脳でβ−エンドルフィンやドーパミンが分泌されて...
家事と暮らし

作業興奮でやる気は後からついてくる。とりあえず動くからやる気が出る。手を動かすが先!

やらないといけないことがいくつかあって、今日はこれをしようと決めていても、期限がないものだったり締め切りが先のものだったりすると、 「面倒でやりたくない気持ち vs. やらないといけない気持ち」 の葛藤が始まります。 ...
感情は解釈しだい

やる気スイッチを入れるには『したい』と感じる『意味付け』を増やしていく

すべきことが頭では分かっていても行動が伴わない理由は、それを「しなければならない」と感じているからです。 それを「したい」と感じることができれば、体は勝手に動いていきます。 では、どうすれば「したい」と感じることができ...
体はなにより大切

不眠を解消する鍵は『体内時計のリセット』と『光のコントロール』

体内時計をしっかりと「リセット」できていないと、夜に眠気が訪れてくれません。 そして、明るさを150ルクス以下にするという寝る前の「光のコントロール」がスムーズな眠気を呼ぶ鍵となります。 眠気を促すホルモンのメラトニン...
体はなにより大切

認知機能の低下を防ぐ習慣づくり①日光 ②運動③食事④ぼーっとする

日光に当たることが基本 朝になると目を覚まして、夜になると眠くなるという一日のリズムは、体内時計によって管理されています。 夜になると眠くなるのはメラトニンが分泌されて眠気を誘うからです。 朝に太陽の光...
感情は解釈しだい

「やる気」と「依存」は表裏一体。ドーパミンが分泌されるトリガーをコントロール

やる気も依存もドーパミンによる本能です。 人は、「心地いい」「気持ちいい」という快感や満足を得る行動をするために、脳内でドーパミンという神経伝達物質が分泌されます。 満足や快感を期待したり、予測したりするだけでドーパミンは分泌され...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました